メニュー

予防接種について

予防接種を打てば病気・にならないの?

予防接種をすれば・・・

接種した多くの人が病気に対する免疫(抗体)を獲得します。しかし、100%免疫が得られるわけではありません。免疫を獲得できなかった場合は、予防接種していてもその病気にかかる可能性があります。また自然感染に比べて生み出される免疫力は弱いため、何回かに分けての接種が必要な場合もあります。

副反応があっても予防接種は受けたほうがいいの?

副反応はほとんど一時的

予防接種には、接種部位が腫れたり、発熱などの副反応がありますが、ほとんど一時的です。重い副反応が出る可能性もありますが、非常にまれです。予防接種による副反応より治療法のない病気や合併症にかかるほうがはるかに多く危険です。また、予防接種しない人が増えると、その病気が流行することになります。

予防接種はしっかりと受けましょう

こんな時はご相談ください

強いアレルギー体質や、生まれつき免疫が弱い先天性免疫不全症の場合、小児がん治療などで免疫を抑える薬を使用しているなどの場合は主治医と相談してください。

同時接種って安全なの?

2種類以上のワクチンを1回の通院で接種します。

同時接種が望ましいのはどうして?

  1. 必要な免疫をできるだけ早くつけられる。
  2. 予防接種スケジュールが簡単に。(接種忘れ防止になる)
  3. 保護者や本人の通院回数が減る。(風邪などがうつるリスクが減る)

同時接種によりワクチンの効果が下がったり、副反応が強く出たりすることはありません。日本小児科学会も同時接種を推奨しています。

ワクチンの組み合わせやスケジュールの立て方など、お気軽にかかりつけの小児科にご相談ください。

任意接種は受けたほうがいいの?

任意接種は自己負担となりますが、以下の予防接種はできるだけ接種してください。将来的に定期接種化が決まっているものもありますが、それまで待たずに早めに接種をお勧めします。

任意接種だが重要なワクチン

  • おたふくかぜ
  • ロタウィルス
  • インフルエンザ

各予防接種の説明→

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME