メニュー

元気がない 機嫌が悪い

小さな子どもは、ことばで症状を正確に訴えることができません。

  • 食欲がない
  • 何となく元気がなく遊ぼうとしない
  • 泣き止まない

等々、様子やしぐさがいつもと違っていると感じたときは、様子をよく観察して受診のタイミングを判断しましょう。

観察ポイント

 □おもちゃで遊ぶ

 □手足は動かしているか

 □目線は合うか

 □周りに興味を示す余裕があるか

 □が変じゃないか

 □泣き声は弱々しくないか

 □あやすと笑うか

 □が荒くないか

 □顔色は悪くないか

 □皮膚の色がチアノーゼ、まだらになっていないか

 □泣き止まない場合は、どこか痛いところはなさそうか

 □ほかの症状が出てこないか(発熱・嘔吐・咳・ゼイゼイする 等)

すぐに受診

 □0歳、特に生後3ヶ月ころまでの赤ちゃん

おっぱいやミルクを飲まない、顔色が悪い、何となく元気がない・・・

「何かおかしい」と思ったら早めの受診を考えましょう。夜間休日などで判断に迷う時は、医療機関などに相談してみるのもよいでしょう。

全ての年齢ですぐに受診

 □呼びかけに対する反応が悪い 目線が合わない

 □ぐったりして起き上がらない

 □泣き声が弱々しい、大きな声で泣けない

 □顔色や皮膚のが悪い(白っぽい、青っぽい、まだら)

 □呼吸が苦しそう

 □繰り返し吐く

 □周期的に泣いたり泣き止んだりを繰り返す

 □ほかの症状が出てきて、その程度が激しい(例:お腹が痛い、頭が痛い・・・)

診療時間内に受診

 年長児で、何となく元気はないが目線がしっかり合い、呼びかけに対する反応もはっきりしている場合には、しばらく様子をよく観察してみましょう。

 □熱が上がってきたが、顔色はよく、すやすや寝ている

 □1回吐いたが、その後は顔色がよくなり少し元気が出てきた

こんなときは、家で休ませ診療時間内の受診の予定を立てれば大丈夫です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME