メニュー

善玉コレステローㇽと悪玉コレステロール

 コレステロールには、善玉コレステロール(HDLコレステロールといいます)と悪玉コレステロール(LDLコレステロールといいます)の2種類があり、これらは全く異なる働きをしています。一般的に、「悪玉コレステロールが体に悪い」というイメージがありますが、悪玉コレステロールも生命維持に必要な働きをしているのです。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違い

 HDLコレステロールもLDLコレステロールも、大切な働きをしているのに、どうして「善玉」「悪玉」と対照的な呼ばれ方をしているのでしょうか。それは、コレステロールが引き起こす動脈硬化に関係しています。

善玉コレステロールとは

 善玉コレステロールは、後に述べる悪玉コレステロールが全身にコレステロールを配り歩いて余ってしまった血液中の余分なコレステロールを回収して肝臓に持ち帰る働きをしています。 血液中の不要なコレステロールをお掃除してくれる働きがあり、結果的に動脈硬化を防ぐため「善玉」と呼ばれているわけです。

悪玉コレステロールとは

 悪玉コレステロールは、肝臓から体のすみずみにコレステロールを運ぶ働きをしています。 コレステロールが余ってしまい、血液中のコレステロール値が高いと、血管壁にコレステロールがたまってしまい、動脈硬化を引き起こします。このため「悪玉」と呼ばれているのです。

 しかし、本来悪玉コレステロールの働きも生命維持に欠かせないものです。 悪玉コレステロールが体のすみずみにコレステロールを運ばなければ、体に不調を起こしてしまうのです。 血液中のコレステロール値が正常であれば、悪玉コレステロールも問題ありません。 必ずしも「悪」ではないのです。

 

脂質異常症の診断基準→

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME