メニュー

感染性胃腸炎とは

感染性胃腸炎とは

 感染性胃腸炎とは、細菌、ウィルス、寄生虫などによって引き起こされる胃腸炎のことです。このうちウィルス性の感染性胃腸炎には、ノロウィルス、ロタウィルスによるものが多く、ほかにアデノウィルス、アストロウィルス、サポウィルスなどによるものがあります。

 最近、全国的にノロウィルスによると考えられる集団感染事例が多く報告されています。ノロウィルスはヒトからヒトへ感染する場合と、食品から感染する場合があります。また、感染力が強く、少量のウィルスでも感染しますので、福祉施設・保育園・学校などの集団生活の場では、集団感染を引き起こし安いといわれており注意が必要です。

ノロウィルスとは

 ウィルスの中でも比較的小型のウィルスで、従来小型球形ウィルス、またはノーウォーク様ウィルスとよばれていました。

 ノロウィルスは胃酸の中でも生き延び、アルコールや逆性石けん(塩化ベンザルコニウム等)などの薬剤にも抵抗力があります。また、他のウィルスと比べて、環境中や食品中で比較的長く存在することができますが、増殖することはありません。増殖するのは人間の腸管の中のみです。

 ノロウィルスの感染力は非常に強く、わずか10~100個のウィルスでも感染することがあるといわれています。

 このようなノロウィルスの薬剤や環境中での抵抗力の強さ、ヒトへの感染力の強さに加え、感染経路の多様性が、予防対策を困難なものにしています。

 ノロウィルスによる感染性胃腸炎は、以前は「お腹の風邪」「胃腸かぜ」などといわれたこともありましたが、比較的最近になってから、その原因の多くがノロウィルスであることがわかってきました。 ノロウィルスによる感染性胃腸炎は、晩秋から冬季にかけて多くなりますが、それ以外の季節でもみられます。

症状

 潜伏期間は1~2日で、下痢と嘔吐が主な症状で、そのほか発熱、吐き気、腹痛、頭痛などの症状がみられます。発熱はあまり高くならないことが一般的です(38℃以下)。また、小児では嘔吐が多く、成人では下痢が多いことも特徴のひとつです。

 一般的には数日で軽快し、後遺症もありませんが、免疫力が弱い乳幼児や高齢者は、脱水症状を起こして重症化する場合がありますので注意が必要です。

 また、特に高齢者の場合は合併症や体力の低下などから症状が悪化したり、嘔吐物がのどに詰まったために、窒息したり肺炎などの二次感染を起こす場合がありますので、慎重な経過観察が必要です。

治療方法

 現在、ウィルスの増殖を抑える薬はありませんので、整腸剤や点滴による電解質補給など対症療法しかありません。

 なお、下痢や嘔吐がひどい場合、脱水症状を起こす場合がありますので、水分補給につとめるとともに早めに医療機関に受診しましょう。

感染経路

 感染経路は、基本的にはノロウィルスが口から入り、消化器に達して主に腸管で増殖して感染します。ノロウィルスが口に達する経路はさまざまで、飛沫感染や空気感染を起こすことが最近になってわかってきました。

 これらの感染経路を理解することが、予防する上で大切です。

1.経口感染(食中毒)
  • ウィルスに汚染された食品を、生または十分に加熱しないで食べた場合
  • 感染した人が調理して食品や水が汚染され、それを食べたり飲んだりした場合
2.接触感染
  • 感染した人の便や吐物にふれ、手指を通して口から入った場合
  • 感染した人の手指や感染した人が触れた衣服、器具などに接触し、手指を通して口から入った場合
3.飛沫感染
  • 患者の便や吐物が飛び散り、その飛沫(ノロウィルスを含んだ小さな水滴、1-2m飛散します)を吸い込んだ場合
  • 便や吐物を不用意に始末した時に発生した飛沫を吸い込んだ場合
4.空気感染
  • 患者の便や吐物の処理が不十分なため、それらが乾燥して飛沫よりもさらに細かい粒子となって空気中を漂い、それを吸い込んだ場合。この場合感染源からかなり離れた場所でも、感染する可能性があります

予防方法

1.手洗いの励行

 もっとも基本的なことは、手洗いの励行です。(特にトイレの後、便や吐物を処理した後、調理の前、食事の前など)手洗いは石けんを使用し、しっかりと流水で洗い流してください。

 石けん自体にはノロウィルスを直接死滅させる効果はありませんが、手の脂肪などの汚れを落とすことにより、ウィルスを手指からはがれやすくする効果があります。手のひらだけでなく、指の間や指先、爪の間もしっかりと洗います。手拭用のタオルは共用しないようにしましょう。

2.食品の十分な加熱

 ウィルスが含まれている可能性のある食品は、中心部までよく加熱してください。

 中心部が85-90℃で90秒間以上の加熱が必要とされています。

3.消毒

 ノロウィルスに対しては、熱湯または、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が有効です。

  1. 調理器具の消毒が大切です。まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等は熱湯による消毒が有効です。
  2. ウィルスが付着した衣服や器具、施設なども消毒する必要があります。

 ノロウィルスに対しては次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が有効です。ただし、皮膚に対する刺激作用がありますので手洗いには使用できません。また、腐食するため原則金属には使えません。次亜塩素酸ナトリウムは消毒する対象に応じて、適切な濃度に希釈して(薄めて)使います。消毒液の作り方(薄め方)と使用上の注意事項については下記を参考にしてください。

 消毒液の作り方と使用上の注意(次亜塩素酸ナトリウム)

4.患者の便、吐物の処理

 患者さんの便、吐物には多量のウィルスが含まれていますので、取り扱いには十分注意してください。

  1. 床などにある便や吐物を処理するときは、使い捨ての樹脂製(ビニールなど)手袋とマスク、エプロンを着用してください。また、処理するときは、換気を十分に行ってください。
  2. 便や吐物は、使い捨てのペーパータオルなどで外側から内側に向けて、ふき取り面を折りたたみながら静かに拭き取ります。
  3. 拭き取った便や吐物は使用したペーパータオルなどと一緒に、ウィルスが飛散しないようにビニール袋などに入れて、口をしっかりと縛って密封し廃棄してください。このとき、ビニール袋には、あらかじめ廃棄物が十分に浸る程度に1000ppm(0.1%)次亜塩素酸ナトリウムを入れておきます。
  4. 便や吐物を処理した後の床などは、1000ppm(0.1%)次亜塩素酸ナトリウムを染み込ませたペーパータオルで覆うか、浸すようにふきます。10分程度置いて、水で濡らしたペーパータオルなどでよく拭き取ってください。これらの使用後の廃棄物や手袋も、ビニール袋などに入れて、口をしっかりと縛って密封し廃棄してください。
  5. 便や吐物で汚れた衣服や器具などは、ウィルスが飛散しないように汚物を処理し、200ppm(0.02%)次亜塩素酸ナトリウム消毒剤につけ置きした後、よく洗濯・洗浄してください。
  6. ノロウィルスは乾燥すると容易に空中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、吐物や便は速やかに処理し乾燥させないことが重要です。
  7. 処理した後の手洗いとうがいは、特に念入りに行ってください。
  8. 嘔吐した場合は、口の中をよくすすいでください。咳やくしゃみなどにより飛沫が発生し、他の人に感染させる恐れがあります。また、使った流し(水槽内)や蛇口をよく掃除してください。
5. その他

 症状がある間は、食品の調理をできるだけ控えてください。やむをえず調理する場合は素手で食品を触らずに、手袋や箸を使用し、洗浄後乾燥させた調理器具を使用してください。また、症状がなくなっても比較的長期間ウィルスが排出される場合がありますので、食品を調理させる方は、十分に注意する必要があります。

 下痢や嘔吐の症状がある場合は、できるだけ学校や仕事を休み、体力の回復に努めてください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME