メニュー

熱傷・創傷治療(湿潤療法)について

 当院では、創傷処置の方法に、消毒せずに水でよく洗い、シートで保湿して治す「湿潤療法」を取り入れております。

従来の傷の治療では、ガーゼで覆って早く乾燥させる方法が、常識とされていました。

 近年、「消毒と傷の乾燥は治りを妨げる」ことが知られるようになり、「すり傷」や「切り傷」の治療・処置法においても、傷は乾燥させるより、湿潤環境を保持すると早く綺麗に治ると言われています。

従来の処置 湿潤療法
傷口をよく洗う

傷をよく消毒する

傷にガーゼを当てる

傷を自然乾燥させる

「かさぶた」ができ取れたら治癒
傷口を洗浄し土や砂などの異物が残らないようにする。

傷を消毒はしない。

創傷被覆材(ドレッシング材)を用いて傷口を閉鎖する。

傷が治るのを待つ。浸出液があふれそうになったら、ドレッシング材を交換する。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME