メニュー

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群 睡眠時無呼吸症候群とは、眠っているときに、「無呼吸(10秒以上呼吸が止まること)」の状態が1時間あたり5回以上、または、7時間の睡眠の中で30回以上ある場合に診断される病気です。主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。
英語でSleep Apnea Syndromeといわれ、SASと略して呼ばれることもあります。

 

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群の原因 上気道と呼ばれる空気の通り道が閉塞することで起こります。狭くなった通り道を空気が通ろうとするのでいびきが発生します。

・扁桃肥大

・舌根沈下

・肥満(首周りの脂肪)

・舌が大きい

・軟口蓋沈下

・顎が小さい

など原因はさまざまです。

 

睡眠時無呼吸症候群の症状→

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME