メニュー

睡眠時無呼吸症候群の診断基準

睡眠時無呼吸症候群の診断基準は以下のようになります。

SAS診断基準

単に言えば、1時間当たり5回以上の無呼吸があれば睡眠時無呼吸症候群の診断となります。

睡眠時無呼吸症候群の重症度判定

SAS重症診断

15回以上30回未満で中等症、30回以上で重症という診断になります。

それでは睡眠時にどのくらい無呼吸があるかはどのようにして調べるのでしょうか。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査→

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME