メニュー

糖尿病とは

 「インスリン作用不足による慢性の高血糖状態を主徴とする代謝疾患群」であると定義されています。つまり、インスリンが何らかの原因で作用しなくなり、血液中にブドウ糖があふれ、血管や神経、腎臓や目など、全身の様々な組織や機能に障害を与える病気です。

糖尿病のメカニズム

ブドウ糖の代謝

 通常、口から摂取して体内に取り入れられた糖分は徐々に消化され、小腸に到達するころにはブドウ糖というエネルギー源になります。これが小腸で吸収され、ここから全身のエネルギーを必要としている組織に運ばれます。余ったブドウ糖は肝臓に取り込まれてグリコーゲンや脂肪となり蓄えられます。そして必要時にブドウ糖に分解して全身に送られます。このとき、必要になるホルモンがインスリンです。

糖代謝について左図・・・食事をすると腸から吸収されたブドウ糖は筋肉や脳でエネルギーとして使われます。余ったブドウ糖は、肝臓や脂肪組織で蓄えられます。

右図・・・エネルギーが必要な時は、肝臓のグリコーゲンや脂肪組織の脂肪が分解されてブドウ糖が作られ、筋肉や脳で利用されます。

 

 

インスリンの作用

 インスリンは膵臓のランゲルハンス島(膵臓に点々と島のように浮かぶ小組織)にあるβ細胞から分泌されます。インスリンの仕事はブドウ糖を必要としている組織にブドウ糖を送り込むことです。また余ったブドウ糖を肝臓に送りグリコーゲンという形に変えます。これらの作用の結果、血糖が下がることになります。つまり、インスリンは血糖を下げるホルモンというわけではなく、あくまでブドウ糖のエネルギー代謝に関与する重要な働きをしており、その結果血糖が下がるということです。

 ちなみにインスリンは何の刺激がなくても一定量は常に分泌されています。これを基礎分泌と呼びます。他方、食事摂取などによって血糖値が上昇すると、出番到来とばかりに基礎分泌の数倍量が追加分泌されます。

 ところが、このインスリンが十分に分泌されなかったり、うまく働かなくなることがあります。そうすると、ブドウ糖を適切に処理することができなくなり、血液中にブドウ糖があふれてしまいます。これが糖尿病です。

インスリンの働き全身でのインスリンの作用

糖尿病の原因末梢ではインスリンが血管から細胞にせっせとブドウ糖を送り込んでいます

 

 

糖尿病の原因→

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME