メニュー

糖尿病の原因

インスリン作用障害

インスリン作用障害とは、インスリンの効きが悪くなるため、ブドウ糖が細胞に運ばれず、血液中に余ります。結果、高血糖という状態になります。(下図)

 糖尿病の原因2

せっかく、インスリンが分泌されても、内臓脂肪が多い方、筋肉量の少ない方はインスリンの効き目が悪くなってしまいます。

インスリン分泌障害

インスリン分泌障害とは、インスリンの分泌自体が少なることで、ブドウ糖が細胞に運ばれず血液中にあります。結果、高血糖という状態になります。(下図)

糖尿病の原因1

血糖が高い状態が続くと、血糖を下げるために膵臓はインスリンを一生懸命作ろうとします。その状態が続くと、膵臓は徐々に疲れてきて、インスリンを分泌する力が徐々に落ちていくことが分かっています。

 

上の2つの原因のどちらか、または両方の作用により、高血糖状態になります。

糖尿病の症状→

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME