メニュー

糖尿病の治療目標とコントロール目標

糖尿病治療の目標

糖尿病細小血管合併症(網膜症、腎症、神経障害)および動脈硬化性疾患(狭心症・心筋梗塞などの冠動脈疾患、脳血管障害、末梢動脈疾患)の発症、進展の阻止

 糖尿病の初期はほとんど自覚症状はありません。しかし高血糖が持続すると大血管や細い血管が障害を受けて動脈硬化が進行し、様々な合併症が出現してきます。有名なのは三大合併症といわれる網膜症・腎症・神経障害です。

 糖尿病性網膜症は、現在緑内障に続いて、失明の原因の2番目に多い疾患です。

 糖尿病性腎症は、慢性腎不全で透析導入となる原因のトップです。

 糖尿病性神経障害が進行すると手足の温痛覚が障害され気づかないうちにやけどしていたり、心筋梗塞をおこしても痛みが出ないため、気づかないままに重症化することもあります。

 脳血管や心臓の冠動脈に動脈硬化が進行すると、脳梗塞や心筋梗塞など命にかかわる疾患を発症することもあります。下肢にいく血管の動脈硬化が進行すると閉塞性動脈硬化症という疾患を発症し、下肢の血流不全を起こし、末梢の冷感やしびれ、進行すると疼痛が出現し、血流不足から壊疽(細胞が死んでしまい組織が黒くなること)を起こし、最悪の場合、壊疽した部分を切断しないといけなくなる場合もあります。

もちろん上記のような状態がすぐに起こるわけではありません。一般的には糖尿病と言われて10年以上経過するとこのような合併症が出現してくることが言われています。

 また、ほかの動脈硬化を引き起こすような高血圧、肥満、脂質異常症などの疾患も併発していると、そのリスクは加速度的に高くなります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME