メニュー

糖尿病の診断

糖尿病は下図のフローチャートにしたがって診断します。

糖尿病型の定義は以下の通りになります。

  • 血糖値(空腹時血糖126mg/dl以上、75gOGTT2時間値200mg/dl以上、随時血糖値200mg/dl以上のいずれか)
  • HbA1c6.5%以上

糖尿病の診断

  • 別の日に行った検査で、糖尿病型が再確認できれば糖尿病と診断できます。ただし、初回検査と再検査の少なくとも一方で、必ず血糖値の基準を満たしていることが必要で、HbA1cのみの反復検査による診断は認められません。
  • 血糖値とHbA1cを同時測定し、ともに糖尿病型であることが確認されれば、初回検査のみで糖尿病と診断することは可能です。
  • 血糖値が糖尿病型を示し、かつ次のいずれかが認められる場合は、初回検査だけでも糖尿病と診断できます。
  1. 口渇、多飲、多尿、体重減少などの糖尿病の典型的な症状
  2. 確実な糖尿病網膜症   

 

糖尿病の治療(工事中)→

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME