メニュー

糖尿病の診断のための検査

糖尿病の診断のためには、血糖値(グルコース)とHbA1C(ヘモグロビンエーワンシー)の2つの項目をはかる必要があります。

糖代謝異常の判定区分と判定基準

①早朝空腹時血糖値126mg/dl以上

②75gOGTTで2時間値200mg/dl以上

③随時血糖値200mg/dl以上

④HbA1cが6.5%以上

⑤早朝空腹時血糖値110mg/dl未満

⑥75gOGTTで2時間値140mg/dl未満

①-④のいずれかが確認された場合は「糖尿病型」と判定します。

⑤および⑥の血糖値が確認された場合には「正常型」と判定します。

上記の「糖尿病型」「正常型」いずれにも属さない場合は「境界型」と判定します。

*75gOGTT・・・75g経口ブドウ糖負荷試験といって、インスリンの量や効き具合をみる検査方法です→詳しくはコチラ

*随時血糖値・・・食事と採血時間との関係は関係なく測定した血糖値のことです

糖尿病判定基準

糖尿病の診断→

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME