メニュー

肥満について

肥満とは

  1. 肥満とは脂肪組織が過剰に蓄積した状態です。
  2. 肥満の判定にはBMIを用います。
  3. 疾病合併率が最も低いBMI22kg/m2を標準体重とします。
  4. BMI≧25kg/m2を肥満と判定します。

 「肥満」は糖尿病や脂質異常症をはじめとした代謝性疾患や、それらを基盤として発症する冠動脈疾患や脳血管障害のみならず、睡眠時無呼吸、腎障害、骨・関節疾患、月経異常といった様々な健康障害を引き起こします。しかし、肥満はあくまで脂肪組織に中性脂肪が過剰に蓄積した状態を表しており、肥満は直ちに病気に分類されるわけではありません。日本肥満学会でも、治療の対象となる肥満と、そうでない肥満を明確にするため、肥満に関連して発症する健康障害があり、医学的に減量の必要な状態を「肥満症」と定義しています。

 肥満の定義には、現在BMIという数値が用いられています。みなさんも健診などで目にされたことがあるのではないでしょうか。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

BMIは上記式で計算されます。たとえば、私は現在身長182cm、体重72kgですので、

BMI=72÷1.82÷1.82=21.7

となります。

逆に身長(m)×身長(m)×22で計算したものが標準体重になります。

標準体重=身長(m)×身長(m)×22

つまり、BMIが22に近いほど、標準体重に近いということになります。

現在の基準では

      <18.5  低体重

18.5≦~ <25       普通体重

  25≦~<30     肥満(1度)

  30≦~<35     肥満(2度)

  35≦~<40     肥満(3度)

  40≦         肥満(4度)

と分類されています。

上に申し上げたように、BMIが25を超えているというだけでは、直ちに治療が必要であるということはありません。

しかし、わが国において30歳以上の15万人以上を対象にした研究では、BMI26~28までの群では普通の体重の群(BMI20~24)と比べて、高血糖、高血圧、高中性脂肪血症、高コレステロール血症、低HDL-C血症などの疾患に2倍以上なりやすいというデータが出ておりますので、注意は必要です。

肥満症とは→

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME