メニュー

脂質異常症の治療

治療の選択と手順

  • まず、脂質異常症をきたしうるような疾患が隠れていないかの評価が大切です。ある疾患の影響で結果として脂質異常症がみられることを続発性脂質異常症といいます。対して、原因があるわけではなく生活習慣で発症するものを原発性脂質異常症といいます。続発性脂質異常症の中には、糖尿病、甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群、クッシング症候群、褐色細胞腫、原発性胆汁性肝硬変、薬剤性などがあげられます。
  • 続発性脂質異常症では、まず原疾患の治療を行います。しかし、原因疾患の治療が困難であったり、あるいは治療後も脂質異常症が残ったりするケースもみられ、その場合は、リスクを評価の上治療を行います。
  • 脂質異常症は一般に食事を含めた生活習慣が血清脂質値に大きく関与します。したがって、冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)の既往のない症例では、まず生活習慣の改善を行い、肥満を改善させることが大切です。喫煙は必須です。
  • 冠動脈疾患をお持ちの方は、生活習慣の改善(食事療法、運動療法、禁煙など)とともに薬物療法を考慮します。
  • 生活習慣の改善で血清脂質値が管理目標値に達しない場合は、薬物療法を考慮します。
  • 高中性脂肪血症を認める場合は、生活習慣の改善が治療の中心であり、薬物治療を行う場合にも生活習慣の改善が必須です。食事療法においては、アルコール、脂肪、果糖・ショ糖の摂取制限、肥満是正のためのエネルギー制限を行います。脂肪に関して飽和脂肪酸を減らし、n-3系多価不飽和脂肪酸の摂取を増やします。運動も高中性脂肪血症、低HDL-C血症の改善には有効です。

食事療法について→

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME