メニュー

高血圧と言われたら(高血圧治療)

生活習慣の修正

 高血圧は生活習慣病のひとつであり、生活習慣の修正により高血圧の予防及び高圧効果が期待できます。正常高値血圧以上はすべて生活習慣の修正の対象となります。特に脂質異常症、糖尿病、メタボリックシンドローム、肥満などほかの生活習慣病もお持ちの方は、生活習慣の修正は低コストで安全にこれらの動脈硬化の危険因子を同時に減らすことができます。しかし、生活習慣修正による降圧効果を維持するためには、長期間努力を継続することが必要です。

1.食塩制限

 日本高血圧学会が出しているガイドラインでは食塩の摂取量を1日6g未満とするように推奨しています。しかし、現在日本人の平均食塩摂取量は依然10g/日を越えています。味の好みというのは短期間で変えられるものではありませんが、減塩はその程度に応じで降圧が期待できるので、少しずつ食塩摂取量を減らせるようにしていきましょう。

減塩のコツ
  • パン類(食パン1枚0.9g)も麺類(ゆでうどん1玉0.7g)も、製造過程で塩が使われています。
  • お漬物は控えるか、量を減らしましょう。
  • お寿司の醤油はネタ側に、焼肉のタレは端に少量だけつけるようにしましょう。
  • お味噌汁は具だくさんにして汁を減らしましょう。
  • 塩分以外の香辛料を活用しましょう。
  • 外食や加工食品は控えましょう。

 現在、日本では加工食品の栄養成分表示は食塩相当量ではなく、Na(ナトリウム)表示にするように決められています。しかし、食事の指導は食塩量(g)で行われているため、食塩相当量に換算することが必要です。

ナトリウム(mg)×2.54÷1000=食塩(g)

 商品の裏側に記載されているナトリウムの量を2.5倍すれば食塩の量になると覚えておくといいでしょう。

 減塩についてもう少し詳しく知りたい方、レシピなどを知りたい方は

日本高血圧学会「さあ、減塩! ~減塩委員会から一般のみなさまへ~」

減塩のコツ

減塩食品リスト

減塩レシピの例 

おいしい!かんたん!減塩メニュー

 上記リンクを参照ください。

 

2.野菜や果物の摂取

 野菜や果物に多く含まれているカリウムは食塩過剰摂取による血圧上昇作用を抑える効果が知られており、2012年に発表されたWHOのガイドラインでも一日3510mg以上のカリウム摂取を推奨されています。

 *重篤な腎障害を伴う患者さんでは高カリウム血症を来たすリスクがありますので、野菜・果物の積極的摂取は推奨されません。かかりつけ医と相談してください。また、糖分の多い果物の過剰な摂取は、肥満者や糖尿病などのエネルギー制限が必要な患者さんでは勧められないのでご注意ください。

 

3.魚(魚油)の積極的摂取

 最近の国際研究で、n3多価不飽和脂肪酸(魚油に多く含まれています)の摂取量が多いと血圧が低い傾向にあることがわかってきており、高血圧の患者さんでも降圧効果があることが示されました。日本の研究でも魚の摂取が多いほど、心筋梗塞発症が少ないことが報告されています。いわゆるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)がこれにあたります。EPAやDHAならみなさんお聞きになったことがあるのではないでしょうか。最近はサプリメントなどでも販売されていますし、実際に脂質異常症の治療薬としても使用されています。

 

4.適正体重の維持

 肥満は高血圧の重要な発症要因になりますので、肥満の方はBMI([体重(kg)]÷[身長(m)2])25未満を目指して減量することが大切です。肥満は高血圧のみならず、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、脳梗塞、脂肪肝、月経異常や妊娠合併症、睡眠時無呼吸症候群や肥満低換気症候群、整形外科的疾患、肥満関連腎症なども合併することが知られています。また内臓脂肪が多いほど、高血圧、脂質異常症、高血糖が多いという報告もあり、内臓脂肪の指標であるウェスト周囲長(男性85cm未満、女性90cm未満)も気をつける必要があります。

 実際に肥満解消による降圧効果は確立されており、約4kgの減量で-4.5/-3.2mmHgの血圧低下があったという報告もあります。

 

5.運動

 有酸素運動による降圧効果も確立されています。身体活動の増加は血圧低下のみならず、体重、体脂肪、ウェスト周囲長の減少、インスリン感受性や脂質の改善が知られています。また、逆に身体活動の低下は心血管病(脳梗塞や心筋梗塞など)のリスクを上昇させることもわかっています。したがって、高血圧患者さんでは生活習慣の修正のひとつとして運動が推奨されます。

 しかし、どの程度の強度の運動が望ましいのかはまだ一定の見解は得られてはいません。また高血圧患者さんではあまり運動強度が強いと運動後の血圧上昇が顕著となり、逆に予後が悪くなることがわかっており、高血圧患者さんにおいては激しい運動は慎重に行うべきです。運動は定期的に(できれば毎日30分以上)行うことが目標となります。米国スポーツ医学協会の勧告では、少なくとも10分以上の運動で、合計して1日30分を越えればよいとされています。有酸素運動に加えて、レジスタンス運動やストレッチ運動を補助的に組み合わせると、前者は除脂肪体重の増加や骨粗しょう症・腰痛の防止、後者は関節の可動域や機能の向上が期待でき、有用です。

 

6.節酒

 飲酒習慣は血圧上昇の原因となります。大量の飲酒は高血圧に加えて脳卒中やアルコール性心筋症、心房細動、夜間睡眠時無呼吸などを引き起こすだけでなく、ガンの原因にもなり死亡率を高めます。

 アルコール単回投与は数時間持続する血圧低下を認めますが、長期に続けると血圧は上昇していきます。飲酒量を80%減らすと12週間のうちに血圧低下を認めることが示されています。エタノールで男性1日20-30mL(おおよそ日本酒1合、ビール中瓶1本、焼酎半合弱、ウィスキー・ブランデーダブル1杯、ワイン2杯弱に相当)以下、女性はその約半分の1日10-20mLが望ましいとされています。

 

7.禁煙

 1本のたばこを吸うと15分以上持続する血圧上昇を引き起こすことが示されていますが、喫煙の血圧への慢性的な影響は確立していません。しかし、喫煙はガンなどの非循環器疾患のみならず、冠動脈疾患や脳卒中などの強力な危険因子であり、高血圧治療の目的が心血管病予防であることを考えれば、血圧に対する影響のいかんにかかわらず、禁煙は非常に重要です。また、その被害は周囲の非喫煙者にもおよび、受動喫煙でもこれらのリスクは上昇します。

 一方、禁煙は冠動脈疾患リスクを減少させるものの、体重が2kg増え、血圧が上昇したとの報告もあり、禁煙後の食生活の変化などに伴う体重増加にも注意が必要です。

 

8.その他の生活習慣の修正

 寒さにより血圧は上昇するため、冬季には血圧が高くなります。心血管病による冬季の死亡率の増加は暖房や防寒の不十分な場合ほど高くなることが示されています。したがって、高血圧患者さんでは冬季には暖房に配慮すべきであり、日本ではトイレや浴室、脱衣所などの暖房が見落とされやすいので注意が必要です。

 最近の報告ではストレス管理の有効性が示されており、強いストレスがある方はコントロールも大切と考えます。

 睡眠の長さや質が血圧上昇や心血管病のリスク増加に関連しているという研究結果が出てきており、症例によっては睡眠の改善が降圧に有用であると思われます。

 入浴に関しては熱すぎない風呂が良いとされています。室温20℃以上、湯温40℃以下では血圧はほとんど上がらないとされています。38℃~42℃喰らいの湯温で5-10分くらいの入浴を目安とされると良いでしょう。銭湯の湯温は熱すぎることが多く、冷水浴やサウナは避けたほうが良いでしょう。

 便秘に伴う排便時のいきみは血圧を上昇させるので、便秘予防や薬剤による調整が必要な場合があります。

 

薬物治療

 2-3カ月の食事制限や運動療法などの生活習慣の修正でも、目標値を達成できない場合は、薬物治療を検討することになります。現在使用されている主要な降圧薬は、Ca(カルシウム)拮抗薬、レニン・アンジオテンシン(RA)系阻害薬(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬[頭文字をとってARBともよばれます]、ACE阻害薬、直接的レニン阻害薬)、利尿薬(サイアザイド系、ループ利尿薬、K保持性利尿薬)、β遮断薬、α遮断薬、中枢性交感神経抑制薬などがあげられます。それぞれの降圧薬は作用機序が異なっており、それによる副作用も存在することから、患者さん一人一人の病態に合わせてどの薬を使用するか決めていきます。一剤でうまくコントロールできない場合は、さらに加えて併用する場合もあります。最近はこれらの薬が最初から配合されて1剤となっている配合剤も発売されています。内服薬が多いという方はかかりつけの先生に相談してみるといいかもしれません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME