メニュー

高血圧について

血圧ってなに?

血圧というのは、血液が血管の壁を押す力のこと

血圧とは私たちの体の中には、血液が流れています。心臓がポンプの役割を果たすことで、すみずみまではりめぐらされた血管を通り新鮮な血液が全身に送られているのです。血圧というのは、心臓が送り出している血液が血管に加える力(圧力)のことをいいます。血圧を測ると、上・下 2つの数値が示されます。この 2つの血圧の数値は、ポンプとしての心臓の動き、つまり収縮することと拡張することに関係しています。

血圧は上と下と2種類あります

収縮期血圧と拡張期血圧血圧をはかると、上下2つの数値で示されます。 「上」が、“収縮期血圧”。心臓が血液を送りだすために収縮したときの大動脈の内圧で、値は最高(最大)を示します。 一方、「下」を“拡張期血圧”といいます。心臓は全身に血液を送るポンプの役目をしているのですが、自分が収縮してしまった後は、再び収縮して血液を送るために、拡張して血液をため込まなければいけません。その間(拡張期)に心臓から送られる血液量はゼロです。しかし、人は常に血液を全身に送らないと生きてはいけません。したがって心臓が拡張している間は、図のように収縮期に血管壁が押されてそこにため込まれた血液が、血管壁が戻ろうとする力によって押されて全身に送られていきます。この時の圧が拡張期血圧です。 血圧は、人によって差があることはもちろん、同じ人でも体調や時間帯、季節、天候などによって異なります。

 

高血圧の診断基準→

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME