メニュー

高血圧の管理目標値

降圧目標値は誰でも同じ?

年齢や合併症の違いなどから、ひとりひとりの降圧目標値は異なります。例えば、前期高齢者では、家庭血圧の降圧目標値は135/85mmHg未満が設定されていますが、75歳以上のいわゆる後期高齢者では臓器の障害を合併していることが多いため、降圧がそれらの臓器へ影響を及ぼすことを防ぐ意味で、症状の変化や検査値の推移などで降圧効果の影響を観察して慎重な治療を行います。

若年・中年者では135/85mmHg未満が目標です。一方、糖尿病や慢性腎臓病(CKD)の合併症をもつ患者さんや心筋梗塞後の患者さんでは、ガイドラインの中で最も低い目標値の125/75mmHg未満が設定されています。これは糖尿病や腎障害がある人がこれらの合併症がない人よりも、脳や心臓の病気を発症する危険性が高いため、もっと血圧を低く下げて病気を予防するためです。

降圧目標

このように患者さんの背景によって治療の目標となる血圧値は異なります。

 

高血圧と言われたら→

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME