メニュー

高血圧の診断基準

どこからが高血圧なの?

高血圧は、正常者の血圧より高い血圧値を持続している場合をいいます。日本高血圧学会では、収縮期血圧(上の血圧)で140mmHg、拡張期血圧(下の血圧)で90mmHg以上が高血圧と定義しています。

高血圧の診断と分類

 家庭血圧というのは、文字通りみなさんが自宅で測定する血圧のことです。家庭血圧はみなさんが普段の環境でリラックスした中で測定したものなので、普段の血圧を一番よく反映しているものと考えられます。家庭血圧は診察室で測定した血圧と同等か、それ以上の臨床的価値があることが臨床研究でも示されています。

 家庭血圧のほうが低く定義されているのは、診察室だと緊張してしまって少し血圧が高めに出てしまうからです。家庭血圧では問題ないのに、病院で測ると血圧が高い方は「白衣高血圧」といいます。

 

放っておくと怖い高血圧→

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME