メニュー

慢性腎臓病治療

慢性腎臓病とは

慢性腎臓病とは英語ではChronic Kidney Diseaseと呼び、頭文字をとってCKDと呼ばれることもあります。

CKDは自覚症状がないまま腎臓の機能が低下している状態か、たんぱく尿などの検尿異常が3ヵ月以上続くことをいいます。

慢性腎炎、糖尿病、高血圧症などさまざまな原因によって起こります。

長い期間にわたり腎障害が続くと、腎機能が低下して腎不全をまねく危険性が高まります。

不幸にも腎不全にいたるとそのままでは体中の老廃物を排出できなくなり、尿毒症という状態になり、さらに放置すると死に至ります。

                                      Human kidney cross section.3d render

腎不全の治療としては、腎臓の代わりに血液をきれいにする透析という治療が必要になります。

透析治療には大きく分けて血液透析と腹膜透析という治療がありますが、どちらも一生行っていかなくてはならない治療になります。

(正確には腹膜透析には限りがあり、いずれ血液透析に移行していく必要があります。)

 

私は腎臓を専門とし、このようなCKD患者さんの腎不全への進行を防ぐため、長年外来診療を行ってまいりました。

今後もこの地域から一人でも腎不全にいたる患者さんを減らすお手伝いができればと思っております。

(文責:腎臓専門医 木村仁志)

 

慢性腎臓病の予防と早期発見→

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME