メニュー

院長のインタビューが夕方のニュースで放送されました。

[2018.12.11]

きむら内科小児科クリニック院長の木村仁志です。

当クリニックブログにお越しいただきありがとうございます。

先週末東海テレビさんから連絡があり、インフルエンザの新薬についての取材の申し込みをいただきました。

そして昨日診察の合間にインタビューの収録を行い、本日夕方のニュースで放送されました。

インフルエンザが流行期に入ったところも・・・今年登場した”1回飲むだけ”の新薬『ゾフルーザ』とは

自分が思ったよりもインタビューの時間が長く、そして自分の声の低さに驚きました。

もう半オクターブ高い声でしゃべればよかった!と後悔してる院長です。

でもメリットだけではなく、デメリットについてもしっかり放送していただきよかったかなと思います。

ただ、連日のようにインフルエンザワクチンのお問合せをいただく中で、来るはずのワクチンが急遽ストップしてしまい、当院で接種予定だった患者様までも接種をお断りせざるを得ない状況に陥ったことで頭がいっぱいだったというのが正直なところです。

メディアの方々には薬による治療も大切ですが、ワクチンでの予防の重要性や、そのワクチンが足りていない状況をもっと報道してもらいたいですね。

IMG_0563 IMG_0569 (1)

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME