慢性腎臓病

腎臓のしくみと働き

  1. きむら内科小児科クリニック
  2. 内科
  3. 腎臓のしくみと働き

腎臓のしくみと働き

腎臓の役割は「尿を作る」ことだけではありません。人間が生きる上でなくてはならない
大事な働きを担っている働き者の臓器なのです。

腎臓のしくみ


画像をクリックすると動画が見られます

腎臓は背中側の腰の少し上あたりに、左右1個ずつある臓器です。
健康な方の腎臓は、そら豆のような形で握りこぶしくらいの大きさをしています。
また、腎臓内には「糸球体(しきゅうたい:毛細血管の塊)」と尿細管から構成される「
ネフロン」という血液ろ過の仕組みが腎臓1個につき約100万個備わっています。

腎臓の主な働き


画像をクリックすると動画が見られます

腎臓といえば、「老廃物を尿として排出する」働きが有名ですが、ほかにも次のような働
きを行っています。

1 体液調節

尿の量を調整して、体内の水分量を一定に保ちます。

2 電解質調節

電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン・塩素など)の濃度や量を調整し
て一定に保ちます。

3 酸塩基の調節

血液を弱アルカリ性に保つため、代謝に伴って作られる酸を「尿」として排泄したり
、重炭酸イオン(アルカリ性物質)を放出したりします。

4 ビタミンDの活性化

カルシウムやリンのバランスを整え、正常な骨を維持するのに必要なホルモン「ビタ
ミンD」を活性化します。活性化ビタミンDが減少すると、カルシウム吸収が低下する
ので骨がもろくなります。

5 エリスロポエチンの分泌

赤血球を作る働きを促すホルモン「エリスロポエチン」を分泌します。腎臓からのエ
リスロポエチン分泌が低下すると、血液を作る能力が低下するので、貧血になります

6 レニンの分泌

血圧を一定に調節するホルモン「レニン」を分泌します。血液中のたんぱく質に反応
して、血管収縮作用のある「アンジオテンシンⅡ」となって、血圧を上げます。

まとめ

腎臓は様々な働きをしている臓器なので、腎機能が悪くなると体のあちこちに影響が及び
ます。尿として老廃物を出せないことで体内に毒素が溜まるほか、貧血や骨をもろくした
り、心血管疾患の発病リスクを高めたりするなど、命に関わる危険な状態を招く恐れがあ
ります。
また、腎臓は一度悪くなると、回復が見込めないケースがほとんどという点も忘れてはい
けません。著しく機能が低下した場合には、生きるために人工透析などの腎代替療法が必
要となります。そのためにも、腎臓病の「早期発見・早期治療」が重要です。
慢性腎臓病は、食事療法・運動療法など「生活習慣の改善」と、進行や合併症予防・原因
となる腎臓の病気の治療などに対する「薬物治療」を併用して治療を行います。
健康診断など検尿で引っ掛かった方、ご自身の尿が気になり始めた方、ご家族に腎臓病の
方がいて心配な方など、お気軽に当院までご相談ください。

こちらのページもご覧ください

慢性腎臓病(CKD)とは
あなたの腎臓は大丈夫?
慢性腎臓病の定義・診断基準
慢性腎臓病の症状
慢性腎臓病になりやすい人
慢性腎臓病の検査
慢性腎臓病の治療① 生活習慣の改善
慢性腎臓病の治療② 薬物療法
よくあるご質問
院長から一言

文責

腎臓専門医
総合内科専門医                            木村 仁志


© きむら内科小児科クリニック. All Rights Reserved.

arrow_upward