慢性腎臓病

慢性腎臓病の治療② 薬物療法

  1. きむら内科小児科クリニック
  2. 内科
  3. 慢性腎臓病の治療② 薬物療法

薬物療法

残念ながら、今のところ慢性腎臓病を治す特効薬はありません。
しかし、降圧薬・リン吸着薬・カリウム吸着薬・利尿剤などのお薬を使って、慢性腎臓
病の原因となっている病気の治療や現れる症状を軽くしたり、慢性腎臓病の進行や合併
症を予防したりすることは可能です。
患者さんの血圧・血糖レベル・合併症の有無など総合的に判断して、組み合わせて使用
します。

● 腎臓を守り血圧を下げる薬(降圧剤)……

糖尿病の合併がある方・軽度たんぱく尿を認める方の第一選択薬

降圧剤の中には、尿たんぱくを減らす効果のある薬があります。
-ARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)
アジルバ®、オルメテック®、ブロプレス®など
※妊娠中の使用は不可。ACE阻害薬よりも副作用が少ないです。
-ACE阻害薬(アンギオテンシン変換酵素阻害薬)
レニベース®、タナトリル®など
※妊娠中の使用は不可。
慢性腎臓病では血圧管理が非常に重要です。進行を遅らせるためには血圧を
130/80mmHg以下に管理する(可能であれば、さらに下げる)ことが必要となりま
す。

RAS阻害薬(ARB、ACE阻害薬)はすべてのCKDステージで投薬できますが、CKDス
テージG4・G5・高齢者の場合には投薬開始時に腎機能の悪化や高カリウム血症が
起こる可能性もあるので、少量から開始します。

● 慢性腎炎に対する治療

ネフローゼ症候群・IgA腎症などたんぱく尿が多くみられる糸球体腎炎には、抗
炎症作用のあるお薬を使用します。
-副腎皮質ステロイド
 プレドニン®など

ほかにも、たんぱく尿の減少効果がある「抗血小板薬」を使用することがあります。

● 腎性貧血に対する治療

血液は、骨髄内の細胞が腎臓から分泌されるホルモン(エリスロポエチン)の刺
激を受けて作られています。しかし、慢性腎臓病が進行すると、このホルモンが
分泌されにくくなるため、血液が十分に作られず貧血になります(腎性貧血)。
貧血が進行すると、倦怠感や心臓への負担大を引き起こします。また、貧血状態
は腎機能の低下を進行させたり、心不全を悪化させたりする原因にもなります。
腎性貧血の治療には、エリスロポエチンの不足を補う注射薬やエリスロポエチン
産生を促す内服薬を使用します。
注射薬は1~2週間に1回投与となりますが、最近は月1回の注射で効果が持続する
タイプも登場しています。CKD診療ガイド2012では血中ヘモグロビン濃度を
10~12g/dlに保つよう推奨しています。 
-ESA製剤……第一選択薬
エスポー®・エポジン®・ネスプ®・ミルセラ®(注射薬)、ダーブロック®・エ
ベレンゾ®(内服薬)など

● 老廃物を排出する機能を助ける薬

腎機能が低下すると、血液中の老廃物が体内に溜まってしまい最悪生命の危険が
ある「尿毒症」を引き起こします。経口吸着炭素製剤は、原因となる尿毒症毒素
を腸内で吸着して便とともに排泄させるお薬で、腎機能の低下を抑えます。
-経口吸着炭素製剤
クレメジン®(カプセル・細粒・速崩錠)など
 ※毒素以外にも同時に服用した薬を吸着する可能性があるため、他の薬を服用
する際には30~60分以上ずらしましょう。それゆえ、飲み忘れやすいので注意
が必要です。

● 体液量・イオンバランス調節を助ける薬

腎機能が低下すると、カリウムやリンの排泄も低下します。
カリウムが排泄されにくくなると、不整脈をきたして突然死の原因となることが
ある「高カリウム血症」を引き起こします。腸内でカリウムを吸着して便と共に
排泄させる「カリウム吸着薬」を使用します。
また、同様にリンが排泄されにくくなると、低カルシウム血症や副甲状腺ホルモ
ンが過剰分泌をきたす「高リン血症」を引き起こします。
食物中のリンにくっついて吸収されずに便排泄させる「リン吸着薬」を使用しま
す。
-カリウム吸着薬
 ケイキサレート®、カリメート®、アーガメイトゼリー®(ゼリー状)など
 ※副作用として、便秘になりやすいことがあります。なお、アーガメイトゼリ
ーには便秘予防成分も含まれています。
-リン吸着薬
 沈降炭酸カルシウム®、カルタン®、ホスレノール®、リオナ®、キックリン®など
※沈降炭酸カルシウム・カルタン・ホスレノール・リオナなどの薬は、食直後
(食事後5分以内)の服用です。ただし、キックリン®はこれまでのリン吸着薬
とは異なる非吸収性リン吸着薬で、食直前(食事を摂る5分前くらい)に服用
となります。カルシウムや鉄などの金属を含まないので、カルシウム血症や金
属の組織沈着などの心配がありません。

● 骨を作る機能を助ける薬

骨の発育には様々な臓器が関わっていますが、腎臓もカルシウム吸収に必要な活
性型ビタミンDを作っています。ところが、腎機能が低下してくると、ビタミンD
の活性化ができなくなる上、さらに血清リン値の上昇を防ごうと、のどから副甲
状腺ホルモン(PRH)が活発に分泌されるようになります。すると、骨代謝(骨
を壊して新しい骨を作る「骨の新陳代謝」)の回転が高まり、骨がもろくなりま
す。

また、骨の変化だけでなく、影響は全身に及び血管石灰化を生じさせ、脳梗塞や
狭心症・心筋梗塞などの命に関わる合併症を引き起こす可能性があります。
-活性型ビタミンD製剤……PTH分泌を抑制する
 エディロール®・カルフィーナ®・ロカルトロール®(内服薬)、アルファロー
ル®(内用液:液体の薬)
ほかにも、カルシウム受容体作動薬(レグパラ®など)やリン吸着剤、炭酸カル
シウム製剤」などを使用することがあります。

● むくみを取る薬

慢性腎臓病が進行してくると、尿で排出できなくなるため体中に水分が貯留して
きて「むくみ」が出てきます。むくみを取るには食事による塩分制限のほか、尿
を強制的に出す「利尿剤」を使用することがあります
-利尿剤
 ループ利尿薬:ラシックス®、ルプラック®など
 サイアザイド系利尿薬:フルイトラン®、ナトリックス®など
※患者さんの状況に応じて、利尿剤の中でも作用機序の違うお薬を併用すること
があります。

● 酸性に傾いた血液を弱アルカリ性に戻す薬

人間の体は弱アルカリ性(ph7.4程度)に保たれています。しかし、腎機能の働
きが悪くなると、酸性に傾きます(≒アシドーシス)。アシドーシス状態になる
と、骨がもろくなったり、栄養状態が悪化したりします。また、アシドーシス状
態も腎機能低下に影響を及ぼすとされています。弱アルカリ性に戻すために「重
炭酸ナトリウム(重曹)」を使用します。
なお、自己判断で薬を中止したり、減量したりすることは大変危険です。
近年は配合薬も登場しています。内服薬が多い方、また薬で気になる点がある方は、医
師またはスタッフまでお気軽ご相談ください。

こちらのページもご覧ください

慢性腎臓病(CKD)とは
あなたの腎臓は大丈夫?
腎臓のしくみと働き
慢性腎臓病の定義・診断基準
慢性腎臓病の症状
慢性腎臓病になりやすい人
慢性腎臓病の検査
慢性腎臓病の治療① 生活習慣の改善
よくあるご質問
院長から一言

文責

腎臓専門医
総合内科専門医                            木村 仁志


© きむら内科小児科クリニック. All Rights Reserved.

arrow_upward