生活習慣病について

糖尿病とは

  1. きむら内科小児科クリニック
  2. 内科
  3. 糖尿病とは

糖尿病とは

「インスリン作用不足による慢性の高血糖状態を主徴とする代謝疾患群」であると定義されています。つまり、インスリンが何らかの原因で作用しなくなり、血液中にブドウ糖があふれ、血管や神経、腎臓や目など、全身の様々な組織や機能に障害を与える病気です。

糖尿病のメカニズム


ブドウ糖の代謝


通常、口から摂取して体内に取り入れられた糖分は徐々に消化され、小腸に到達するころにはブドウ糖というエネルギー源になります。これが小腸で吸収され、ここから全身のエネルギーを必要としている組織に運ばれます。余ったブドウ糖は肝臓に取り込まれてグリコーゲンや脂肪となり蓄えられます。そして必要時にブドウ糖に分解して全身に送られます。このとき、必要になるホルモンがインスリンです。

糖代謝について左図・・・食事をすると腸から吸収されたブドウ糖は筋肉や脳でエネルギーとして使われます。余ったブドウ糖は、肝臓や脂肪組織で蓄えられます。

右図・・・エネルギーが必要な時は、肝臓のグリコーゲンや脂肪組織の脂肪が分解されてブドウ糖が作られ、筋肉や脳で利用されます。


インスリンの作用


インスリンは膵臓のランゲルハンス島(膵臓に点々と島のように浮かぶ小組織)にあるβ細胞から分泌されます。インスリンの仕事はブドウ糖を必要としている組織にブドウ糖を送り込むことです。また余ったブドウ糖を肝臓に送りグリコーゲンという形に変えます。これらの作用の結果、血糖が下がることになります。つまり、インスリンは血糖を下げるホルモンというわけではなく、あくまでブドウ糖のエネルギー代謝に関与する重要な働きをしており、その結果血糖が下がるということです。

 ちなみにインスリンは何の刺激がなくても一定量は常に分泌されています。これを基礎分泌と呼びます。他方、食事摂取などによって血糖値が上昇すると、出番到来とばかりに基礎分泌の数倍量が追加分泌されます。

 ところが、このインスリンが十分に分泌されなかったり、うまく働かなくなることがあります。そうすると、ブドウ糖を適切に処理することができなくなり、血液中にブドウ糖があふれてしまいます。これが糖尿病です。



糖尿病の原因


インスリン作用障害


インスリン作用障害とは、インスリンの効きが悪くなるため、ブドウ糖が細胞に運ばれず、血液中に余ります。結果、高血糖という状態になります。

せっかく、インスリンが分泌されても、内臓脂肪が多い方、筋肉量の少ない方はインスリンの効き目が悪くなってしまいます。


インスリン分泌障害


インスリン分泌障害とは、インスリンの分泌自体が少なることで、ブドウ糖が細胞に運ばれず血液中にあります。結果、高血糖という状態になります。

血糖が高い状態が続くと、血糖を下げるために膵臓はインスリンを一生懸命作ろうとします。その状態が続くと、膵臓は徐々に疲れてきて、インスリンを分泌する力が徐々に落ちていくことが分かっています。

上の2つの原因のどちらか、または両方の作用により、高血糖状態になります。


糖尿病の症状


 下図にあるような、多尿、口渇、多飲、体重減少などが典型的な症状として知られています。

しかし、これらの症状はある程度病状が進行し、常に高血糖状態が続くと出てくる症状です。つまり、このような症状が出現しているということは、ある程度病状が進行している事が考えられます。

現在では、健診などにより、無症状のうちに血液検査などで指摘されることが圧倒的に多くなってきました。

逆に言えば、健診で指摘される段階で治療に取り組めば、十分に糖尿病のコントロールや改善は可能であると思います。

糖尿病の診断のための検査

糖尿病の診断のためには、血糖値(グルコース)とHbA1C(ヘモグロビンエーワンシー)の2つの項目をはかる必要があります。

糖代謝異常の判定区分と判定基準


①早朝空腹時血糖値126mg/dl以上

②75gOGTTで2時間値200mg/dl以上

③随時血糖値200mg/dl以上

④HbA1cが6.5%以上

⑤早朝空腹時血糖値110mg/dl未満

⑥75gOGTTで2時間値140mg/dl未満

①-④のいずれかが確認された場合は「糖尿病型」と判定します。

⑤および⑥の血糖値が確認された場合には「正常型」と判定します。

上記の「糖尿病型」「正常型」いずれにも属さない場合は「境界型」と判定します。

*75gOGTT・・・75g経口ブドウ糖負荷試験といって、インスリンの量や効き具合をみる検査方法です(→詳しくはこちら

*随時血糖値・・・食事と採血時間との関係は関係なく測定した血糖値のことです


糖尿病の診断


糖尿病は下図のフローチャートにしたがって診断します。

糖尿病型の定義は以下の通りになります。

・血糖値(空腹時血糖126mg/dl以上、75gOGTT2時間値200mg/dl以上、随時血糖値200mg/dl以上のいずれか)

・HbA1c6.5%以上

・別の日に行った検査で、糖尿病型が再確認できれば糖尿病と診断できます。ただし、初回検査と再検査の少なくとも一方で、必ず血糖値の基準を満たしていることが必要で、HbA1cのみの反復検査による診断は認められません。

・血糖値とHbA1cを同時測定し、ともに糖尿病型であることが確認されれば、初回検査のみで糖尿病と診断することは可能です。

・血糖値が糖尿病型を示し、かつ次のいずれかが認められる場合は、初回検査だけでも糖尿病と診断できます。

a 口渇、多飲、多尿、体重減少などの糖尿病の典型的な症状
b 確実な糖尿病網膜症 

糖尿病の治療

食事療法


食事療法

糖尿病の治療の基本は食事療法です。
食事を見直して制限することは非常に大切ですが、終わりのある治療ではないため、決して無理な制限はやめましょう。
これなら、継続してできると思える程度からスタートすることがコツです。

摂取カロリー量の決め方

成人の場合、標準体重(kg)(=身長(m)2×22)と身体活動量から摂取カロリーを設定します。
身体活動量は、標準体重1kgあたり、
 座位などの弱い労作:20~25kcal
 デスクワークなど軽い労作:25~30kcal
 立ち仕事などの通常労作:30~35kcal
 力仕事が多い重い労作:35kcal以上
を目安とします。

(例)
182cm 体重75kg の場合(数か月前の私です)
標準体重=1.82×1.82×22≒73(kg)

普段は座位で診察をやっているので、
摂取カロリー=73(kg)×25(kcal)=1825kcal

これが1日の目標摂取カロリーとなります。

食事の栄養配分について

3大栄養素の摂取エネルギー比率のうち炭水化物は一般成人で50~60%となります。

食べ方の工夫



1.よく噛んで時間をかけてゆっくり食べる
  食べてる間に血糖値が上昇し、満腹中枢を刺激して食欲を抑え、食べすぎを防ぐことができます。
2.食物繊維が多い食材や弾力性のある食材を選ぶ
  食べる時間が長くなり、満腹感を得られやすくなります。
  主食も雑穀米や玄米、押し麦などがおすすめです。
3.食物繊維の多い野菜から食べる。
  まず食物繊維をとることで食後の血糖の上昇を抑えることができます。
4.蛋白質を炭水化物より先に食べる。
  次に蛋白質をとることで、さらに食後の血糖上昇を抑えることができます。
5.間食は控えましょう。
  間食を摂取すると、そのたびに膵臓がインスリンを分泌します。
  やがて疲弊して分泌能力が落ちて、血糖悪化につながります。
6.夕食は9時までに!
  寝る前の食事は肥満につながります。夕食は就寝3時間前までに。できれば糖質は半分に。
  その分朝食をしっかり摂取します。

運動療法

運動をすることによって、血糖改善、脂質代謝改善、血圧改善、動脈硬化防止などの効果が期待されます。
どうですか?いいことしかないですね!

運動の工夫


有酸素運動

1.全く運動習慣がないという方は、食後一服してから10〜15分程度の家の周りの散歩から始めましょう。
  軽い運動だけでも食後の血糖を十分抑えられます。
2.可能であれば定期的に運動しましょう。
  定期的に行うことで、インスリンの効きがよくなり、血糖改善に繋がります。
3.まずは、「それほど楽でもないが、ややきつくも感じない」程度を目指しましょう。
  もともと運動習慣がない方は、ゆっくりと運動強度を上げていきましょう。
4.運動の前後に、準備運動、整理運動を行いましょう。
  急な運動は怪我のもとです。しっかりストレッチをして準備しましょう。
5.運動前、中、後にはしっかり水分を補給しましょう。
  脱水症に十分注意しましょう。
6.食事療法も忘れずに!
  運動だけでは消費エネルギーはそれほど多くはありません。
  二つを組み合わせると効果は倍増します!


水分補給

文責

腎臓専門医
総合内科専門医                            木村 仁志


© きむら内科小児科クリニック. All Rights Reserved.

arrow_upward