生活習慣病について

高尿酸血症・痛風について

  1. きむら内科小児科クリニック
  2. 内科
  3. 高尿酸血症・痛風について

高尿酸血症・痛風について

高尿酸血症は、名前の通り尿酸値が高い状態にある病気です。高いこと自体は問題ではありませんが、 その状態が続くと「痛風」をはじめとしていろいろな合併症を引き起こすことが分かっています。実は、日本で初めて痛風患者が報告されたのはおよそ100年前のことです。明治時代に来日したドイツのベルツ博士が「日本にはほとんど痛風はない」と書き残したように、もともと痛風は日本人には無縁の病気でした。日本で痛風患者が急増したのは戦後の昭和30年代後半からです。それまでのご飯、味噌汁、焼き魚、漬物といった低脂肪、低蛋白、低カロリーの和食メニューから、ステーキ、ハンバーグ、ファーストフードなどの、高脂肪、高蛋白、高カロリーな洋食に食事スタイルが変化したことにより、痛風の患者が増加したことによります。

ある日突然発症する痛風発作

みなさん、「痛風」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。ある日突然、足の親指の付け根が真っ赤に腫れて、激痛が走ります。いわゆる「痛風発作」です。ちなみに当院の車イスを初めて使用された患者さんは30代男性の痛風患者さんでした。痛みで地面に足をつくこともできないということで、駐車場から車イスでいらっしゃいました。

痛風患者さんは約60万人

厚生労働省が定期的に実施している国民生活基礎調査によると、痛風で通院している患者さんの数は、平成10年度では59万人と平成元年からは約2倍に増加しているそうです。さらに、「痛風予備軍」といわれる「高尿酸血症」の人は600万人くらいはいると推測されています。我々が病院で診察する痛風患者さんは氷山の一角でしかないということです。

痛風は中高年の男性に最も多い

痛風というと、中高年の男性の病気とイメージする方も多いのではないでしょうか。痛風患者は圧倒的に男性が多く、患者全体の99%を占めています。女性ホルモンに尿酸を排泄する作用があるために女性の尿酸値は男性に比べて低くなるわけです。しかし、女性でも腎機能が低下した方や尿酸値が上がるような薬を内服している方、閉経後の方などは尿酸値が上がりやすくなるので、注意しましょう。

高尿酸血症の原因

痛風の原因となる尿酸がつくられる仕組み

痛風は「プリン体」からつくられる

痛風とは簡単に言うと「尿酸値が上昇して関節炎を引き起こす病気」です。この尿酸の元になるものがプリン体と呼ばれる物質です。プリン体のプリンとは、プリン環と呼ばれる化学構造を持つ物質のことをいいます。プリン体が我々の体内で分解されると尿酸という物質ができるわけです。我々の体内にあるプリン体は、大きく分けると二つあり、一つは食べ物や飲み物に含まれているプリン体を摂取する場合、もう一つは体内で作られる場合です。実は、食物として取り込まれるプリン体はそれほど多くなく、大部分が体内で作られているのです。

どのようにプリン体ができるのか

我々の体は約60兆という細胞の数で構成されていますが、細胞内の核に含まれている核酸という物質にプリン体が含まれています。我々の細胞は常に古い細胞が壊され新しい細胞が作られる、いわゆる新陳代謝が起こっていますが、古い細胞が壊されるときに、核さんも分解されてプリン体が作られます。

また、我々の体内には運動や代謝などの活動に利用されるATP(アデノシン三リン酸)というエネルギー源があり、激しい運動などによって大量にATPが消費されると、このATPが分解されてプリン体が産生されます。

尿酸を分解できないのは人間だけ?

このように摂取したり、体内で作られたプリン体は肝臓で分解されて尿酸になるわけですが、我々はこれ以上尿酸を分解することができません。汗や尿などから排泄するしかないわけです。実は人間などの霊長類と鳥類や爬虫類の一部を除くほとんどの哺乳類や魚類は尿酸をさらに分解する酵素を持っています。我々人間も、かつて尿酸を分解する酵素を持っていたのですが、進化の過程でその酵素をなくしてしまったと考えられています。

尿酸の生産と排泄

体内には尿酸をためておくプールがある

痛風の原因である尿酸ですが、尿酸がつくられること自体は細胞が正常に活動している証拠であり、尿酸が正常に生産・排泄されていれば、健康上は何の問題もありません。健康な人の体には、常に1200mg程度の尿酸が蓄積されているといわれていますが、この体内にたまった尿酸を「尿酸プール」とよびます。

この1200mgのうち1日に約700mg程度が尿や汗として対外に排泄されます。一方これと同じ量の尿酸、約700mgが毎日新たにつくられ、尿酸プールに蓄積されます。尿酸を作るのは主に肝臓で、摂取した食物から約100~150mg、体内から約550mg~600mgほどの尿酸を作っているとわれています。

ところが、このバランスが崩れて尿酸がつくられすぎたりうまく排泄されたりしないと、尿酸はどんどんたまり続け、尿酸プールはあふれてしまいます。

高尿酸血症の定義

尿酸の産生と排泄のバランスが崩れて起こる高尿酸血症とは、どのような状態をいうのでしょうか。

診断基準は採血で測る「尿酸値」という値です。正常値は成人で7.omg/dl以下とされており、これ以上になると高尿酸血症といいます。みなさんも手元に採血結果があるようでしたら、一度確認してみてください。「尿酸」または「UA(Urea Acid)」と書いてある欄があれば尿酸値のことです。

体内の尿酸プールから尿酸があふれ出すと血液中に尿酸が溶けて尿酸値が高くなります。尿酸値が7.0mg/dlをお超えると、血液中に尿酸が溶け切らずに尿酸ナトリウムの結晶となり、関節やその周辺に沈着していきます。

高尿酸血症の合併症

痛風関節炎・痛風結節

  1. 血清尿酸値が7.0mg/dlを超えると、高くなるにつれて痛風関節炎の発症リスクはより高まります。
  2. 高尿酸血症の期間が長く、また高度であるほど、痛風結節はできやすいです。
  3. アルコール摂取量は痛風発症リスクを用量依存的に上昇させます。つまり、飲めば飲むほどリスクは高くなるということです。
  4. ほかにも肉類・砂糖入りソフトドリンク・果糖の摂取量が多い方、BMIの高い方は痛風になりやすいです。逆にコーヒー摂取量が多い、ランニングの距離が長い、適度な運動を日常的に行っている方は痛風になりにくいです。

腎障害

  1. 血清尿酸値は慢性腎臓病(CKD)の発症や進展とも関連があります。
  2. 高尿酸血症は腎不全のリスクファクターです。

尿路結石

  1. 尿路結石のリスクファクターは①尿量低下、②高尿酸尿、③酸性尿です。
  2. 高尿酸血症があっても、必ずしも尿路結石の頻度は増加しませんが、高尿酸尿があると尿路結石の頻度が増加する傾向にあります。
  3. 持続する酸性尿は、尿路結石の最も大きなリスクファクターになります。

メタボリックシンドローム

  1. 血清尿酸値の上昇に伴ってメタボリックシンドロームの頻度は増加します。
  2. 痛風患者さんはメタボリックシンドロームの基準(肥満・脂質異常症・糖尿病・高血圧)を満たすことが多く、メタボリックシンドロームに該当する場合が多いです。
  3. 高尿酸血症はメタボリックシンドロームの診断基準には含まれていませんが、メタボリックシンドロームとの密接な関連が近年言われています。
  4. 内臓脂肪の蓄積に伴って血清尿酸値は上昇します。

高血圧・心血管系疾患

  1. 血清尿酸値は将来における高血圧発症のリスクファクターです。
  2. 血清尿酸値の狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの心血管疾患との関連するという結果が近年相次いで報告されています。

高尿酸血症の生活指導

高尿酸血症・痛風の治療における血清尿酸値の管理は、薬物治療選択肢が増えたことにより以前管理が容易になったとはいえ、高尿酸血症・痛風は代表的な生活習慣病であり、生活習慣の是正はとても大切です。

栄養食事療法の原則

  1. 肥満解消を目指しましょう。
  2. 肥満、脂質異常症、糖代謝異常を合併している場合が多いため、摂取エネルギーを適正にしましょう。
  3. 痛風を発症したことがある場合は、プリン体含有量の多い食品は控えましょう。
  4. アルコール摂取は尿酸値を上昇させるため、制限しましょう。
  5. 腎臓からの尿酸の排泄量を増加させるために十分な水分量を補給しましょう。
  6. 尿pHをアルカリ性に保つことが大切です。
  7. 合併症がある場合は合併症の治療も併せて行いましょう。

献立・調理のポイント

  1. 食品100g当たりプリン体200mgを含む高プリン食を極力控え、1日プリン体400mgを超えないようにしましょう。
  2. プリン体は油には難溶性ですが、水には溶けやすいので、たっぷりの水でさらしたり、茹でるなどの調理を心がけましょう。
  3. 魚類や肉類の骨髄からとったスープにはプリン体の含有が多いので、これらスープ、あるいはそのスープを用いた料理は控えましょう。
  4. バターや生クリーム、ラードなどの動物性脂質は避け、植物性油を使用し、控えめにしましょう。
  5. フライや天ぷらなど、揚げ物は控えましょう。
  6. 脂質を多く含む肉は網焼きにして油を落としましょう。また、ゆっくり煮込んで冷蔵庫で一度冷やすと脂質が固まるため、その脂質を取り除きやすいです。

適した食品、適さない食品

適した食品

  1. 野菜、海藻類:尿のpHをアルカリ性に保つために、野菜、海藻類を積極的に摂取しましょう。
  2. プリン体含有量の少ない食品:穀類、パン、麺類、イモ類、牛乳・乳製品、鶏卵、うずら卵、水産練り製品、ソーセージ、魚卵類、豆腐、野菜類、サラダ油、きのこ類、海藻類など
適さない食品
  1. プリン体含有量の多い食品:レバーなど動物の内臓類、イワシ類、大正海老、スルメイカ、車海老、オキアミ、さんま干物、まいわし干物、あじ干物、かつお、かつお節、かき(貝)、にぼし、干し椎茸など
  2. 果糖:果糖の過剰摂取は尿酸値を上昇させ、体重増加にもつながります。果実類やはちみつなどは取りすぎないようにしましょう。
  3. 炭酸飲料など:水分補給のためにジュースや炭酸飲料、砂糖入りの珈琲や紅茶などを多く摂取することはキシリトールや果糖、エネルギーの摂取が増えるので好ましくありません。水分補給は普通の水、お茶、ウーロン茶、砂糖抜きのコーヒーや紅茶にしましょう。
  4. アルコール:1日200kcal程度に控えましょう。ビールは多量のプリン体を含有し大びん3本で日本人1日当たりのプリン体総摂取量に匹敵します。
  • ビール…350ml(小ビン1本)
  • 日本酒…180ml(1合)
  • 焼酎…120ml(2/3合)
  • ワイン…200ml(グラス1杯)
  • ウィスキー…60ml(ダブル1杯)

運動の推奨

  1. 過度な運動、無酸素運動は血清尿酸値の上昇を招くため避けましょう。
  2. 有酸素運動は、血清尿酸値に影響せず、メタボリックシンドロームなどの合併症にも効果があります。
  3. 適正な体重(BMI<25)を目標にして、週3回程度の軽い運動を継続して行いましょう。
  4. 運動時、大量の発汗をすると血中尿酸値は上昇するため、運動前、運動中、運動後に水分補給を行い脱水を予防することが大切です。

文責

腎臓専門医
総合内科専門医                            木村 仁志


© きむら内科小児科クリニック. All Rights Reserved.

arrow_upward