生活習慣病について

放っておくと怖い高血圧

  1. きむら内科小児科クリニック
  2. 内科
  3. 放っておくと怖い高血圧

放っておくと怖い高血圧


高血圧を放っておくと・・・

高血圧をそのままにしておくと、動脈硬化が進行し、さまざまな合併症を引き起こします。動脈硬化とはまさに、動脈がカチカチに硬くなること。その結果、血管の内腔が狭くもろくなり、血液の流れが悪くなって、いろいろな臓器に障害をもたらしてしまいます。

動脈硬化とは

脳の病気


脳出血



動脈硬化によって、硬化した脳の細い血管に圧力がかかって、血管が破裂して起こります。
突然発症の今まで感じたことのない激しい頭痛といった症状が特徴的です。


脳梗塞



動脈硬化で内側が狭くなったところに、血栓(血液のかたまり)ができて血管が詰まり、血液が流れなくなります。詰まった先の組織は血液が来なくなるので死んで(壊死といいます)しまいます。
その部分が担当していた機能が失われてしまい、麻痺や痺れなどの症状が現れます。
梗塞部位が広範囲になると半身麻痺などの大きな後遺症が出てしまいます。


心臓の病気


高血圧が長く続くと、心臓はその圧に打ち勝って血液を送ろうとするため、次第に筋肉がついていきます。(心肥大といいます)そうすると心臓自体も筋肉量が増えるため、必要な酸素の量が増えます。 また、心臓に酸素を供給する“冠動脈”にも影響を与えます。高血圧や動脈硬化により、この血管が狭くなり流れが悪くなると、心臓に必要な酸素がいきわたらなくなってしまうのです。心肥大により酸素需要は増えているのに、冠動脈の動脈硬化により供給量は減ってしまうわけです。これが“狭心症”や“心筋梗塞”につながり、発症すると命にかかわってきます。


狭心症



冠動脈が動脈硬化や攣縮(けいれんのこと)のため狭くなり、一時的に血液が流れず、胸に締め付けられるような痛みを覚える。 血管が完全に詰まるわけではないので、症状は一時的です。ニトロをなめて血管を広げたり、時間がたって落ち着いてくると症状は治まります。


心筋梗塞



冠動脈の血流が完全にとだえて、血流が途絶するため、その先の組織に血液がいかなくなり、組織が死んでしまいます。死んだ組織は動かなくなってしまいますので、全身に血液を送るポンプ機能が低下します。広範囲に障害が出ると、重症心不全となり、命にかかわります。
重篤な不整脈が出て、突然心停止してしまうこともあります。

 また、死んだ組織は非常にもろくなっているので、まれに破れて心破裂を起こすこともあります。


腎臓の病気



腎臓と高血圧には、とても深い関係があります。腎臓は、血液から尿を作る臓器ですので、非常に血流が豊富な臓器です。心臓から出る血液の1/4~1/5は腎臓に送られます。簡単に言うと、動脈のかたまりのような臓器なのです。

高血圧により動脈硬化が進むと、動脈の血流が低下しますので、動脈にのかたまりのような腎臓は全体的に血流が低下してしまいます。血液から尿を作りますので、血流が低下すれば、尿量も低下してしまいます。つまり、腎臓の機能が低下してしまいます。

動脈硬化が進むと、“腎不全”にまでなりかねません。こうなると、本来尿として体の外に排出する老廃物が体にたまってしまい、尿毒症という状態になります。尿毒症は命にかかわる病態であり、人工透析をしないと生命を維持できなくなってしまいます。

腎硬化症

上にも書いたように、腎臓は動脈のかたまりのような臓器なので、動脈硬化が進むと、全体的に血流が低下し、尿量も低下します。腎臓に動脈硬化が起こり、腎機能が低下した状態を腎硬化症といいます。人工透析を始める方の原因として、腎硬化症は近年増加傾向にあります。

大動脈の病気


大動脈瘤



長年高血圧が持続することにより、血管がこぶのように膨らんでしまうことがあります。膨らむだけでは無症状ですが、破裂してしまうと大出血を起こし、命にかかわります。

なかには、もともと内膜、中膜、外膜の3層構造である血管壁が動脈硬化によりもろくなり裂けてしまい、そこに血液が入り込むことがあります。これを解離性大動脈瘤といいます。


末梢の血管の病気


閉塞性動脈硬化症



高血圧で動脈硬化があった場合、末梢動脈が閉塞を起こして、血液が流れなくなることも。主に膝から下に起こり、足が痛くなったり、冷たく感じたり、休み休みでないと足が痛くて歩けなくなったりします。こうなると、閉塞部位を人工血管で置き換えたり、時には足を切断しないといけなくなることさえあります。

文責

腎臓専門医
総合内科専門医                            木村 仁志


© きむら内科小児科クリニック. All Rights Reserved.

arrow_upward