生活習慣病について

脂質異常症とは

  1. きむら内科小児科クリニック
  2. 内科
  3. 脂質異常症とは

脂質異常症とは

脂質異常症は、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が必要量以上になって、血管の壁にコレステロールがたまり、血管の内腔が狭くなってしまう疾患です。
血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすためには、過食や運動不足によって起こる肥満、ストレス、過労、喫煙、睡眠不足など生活習慣全般を見直すことが大切です。

コレステロールって?


コレステロールってなに?

そもそもコレステロールは体にとってどのような働きをしているものなのでしょうか。

 みなさんの中には「コレステロールは体に良くないもの」と思ってらっしゃる方も多いかもしれません。確かに、 コレステロールは摂りすぎると体に良くありません。 動脈硬化や脂質異常症を引き起こす原因となってしまいます。しかし、コレステロールは体内でも作られる生命維持のために必要な成分の一つでもあるのです。

コレステロールの大事な働き


細胞膜の構成成分です


細胞

人間の体は細胞からできていますが、コレステロールは細胞膜の構成成分として体中に存在しているのです。 細胞膜は、細胞内にウィルスなどの有害物質が進入してくるのを防ぎ、細胞内の物質が細胞外に出てしまうのを防ぎます。コレステロールは、強い細胞膜を作るために必要な要素なのです。 コレステロールが不足すると、細胞膜が弱まり、免疫力が低下してしまいます。

ホルモンの原料として使われます

コレステロールは性ホルモンや副腎皮質ホルモンの原料となっています。 性ホルモンは性機能に関与し、副腎皮質ホルモンは炎症抑制やたんぱく質代謝、糖質代謝に関与しています。副腎皮質ホルモンが不足すると、疲れやすくなったり、食欲が低下したりします。

胆汁酸の原料になります

胆汁酸はコレステロールから合成され、脂肪の消化・吸収に関与しています。 胆汁酸は肝臓で合成され、脂肪の分解に関与し、再び肝臓で吸収されます。 一度働いた胆汁酸は、肝臓に戻って、再び胆汁酸として働いているのです。コレステロールは繰り返し働いているので、コレステロールを多量に摂取する必要はなく、摂取しすぎると使い切れずに余ってしまいます。

このように、体にとって重要な働きをしているコレステロールは、なぜ体に悪いといわれているのでしょうか。


診察風景

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

コレステロールには、善玉コレステロール(HDLコレステロールといいます)と悪玉コレステロール(LDLコレステロールといいます)の2種類があり、これらは全く異なる働きをしています。一般的に、「悪玉コレステロールが体に悪い」というイメージがありますが、悪玉コレステロールも生命維持に必要な働きをしているのです。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違い

HDLコレステロールもLDLコレステロールも、大切な働きをしているのに、どうして「善玉」「悪玉」と対照的な呼ばれ方をしているのでしょうか。それは、コレステロールが引き起こす動脈硬化に関係しています。

善玉コレステロールとは

善玉コレステロールは、後に述べる悪玉コレステロールが全身にコレステロールを配り歩いて余ってしまった血液中の余分なコレステロールを回収して肝臓に持ち帰る働きをしています。 血液中の不要なコレステロールをお掃除してくれる働きがあり、結果的に動脈硬化を防ぐため「善玉」と呼ばれているわけです。


サラサラ血

悪玉コレステロールとは

悪玉コレステロールは、肝臓から体のすみずみにコレステロールを運ぶ働きをしています。 コレステロールが余ってしまい、血液中のコレステロール値が高いと、血管壁にコレステロールがたまってしまい、動脈硬化を引き起こします。このため「悪玉」と呼ばれているのです。

 しかし、本来悪玉コレステロールの働きも生命維持に欠かせないものです。 悪玉コレステロールが体のすみずみにコレステロールを運ばなければ、体に不調を起こしてしまうのです。 血液中のコレステロール値が正常であれば、悪玉コレステロールも問題ありません。 必ずしも「悪」ではないのです。


ドロドロ血

脂質異常症の診断基準


日本動脈硬化学会の「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版」では、脂質異常症の診断基準は、空腹時の血液中の脂質が下の表の通りとされています。



LDLコレステロールの管理を重要視


これまでは悪玉、善玉を区別せずに総コレステロール値が220mg/dLを超えると「高コレステロール血症」と呼ばれ、治療の対象とされてきました。しかし実際に心筋梗塞や脳卒中をおこすリスクが高いのは、コレステロールの中でも、いわゆる悪玉といわれる「LDLコレステロール値」が高い人です。
このため「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版」以降は、診断基準から総コレステロールを削除し、LDLコレステロールの管理を重要視するようになりました。

「高脂血症」や「高コレステロール血症」とは違うの?

上にも書いたように、かつては総コレステロールが高くなることが動脈硬化のリスク因子だと考えられてきました。しかし、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が低いことも、動脈硬化を引き起こすリスク因子であることが分かってきました。そのため「高脂血症」や「高コレステロール血症」では低HDLコレステロール血症などの病態を必ずしも正しく表現できない場合があることから、2007年のガイドラインより「脂質異常症」と名称が変更されました。


医師スマイル

遺伝が原因!?家族性(原発性)高コレステロール血症

生活習慣に原因はなく、遺伝によってコレステロールが増えやすい場合もあり、500人に1人の割合でみられます。 両親のどちらか(または両方)にコレステロールを血中に蓄積しやすい遺伝子を持つ場合に、遺伝して発病することがあります。症状としては、動脈硬化が若いころから著しく進行し、男性で30歳代、女性で50歳代から心筋梗塞の発症率が増加します。両親共にコレステロールが増えやすい遺伝子を持ち、両方から遺伝した場合にはホモ型家族性高コレステロール血症を発症することがあります。 この場合、子供の頃からコレステロール値が高く、10代でも心筋梗塞を起こす可能性があります。 また、関節やアキレス腱などに黄色腫が出るという特徴もあります。

リスク因子と管理目標値

 それでは脂質異常症と診断された場合、どの値をどの程度にコントロールすることが必要なのでしょうか。実は脂質異常症の方の目標値は人それぞれ違います。もう少し詳しく言うと、HDLコレステロールとトリグリセライド(中性脂肪)は一律に目標値が決まっていますが、LDLコレステロールに関しては、人によって変わってきます。それは動脈硬化を起こしやすい因子(リスク因子)をLDLコレステロール以外にどの程度持っているかによって変わってきます。

 動脈硬化のリスク因子には、LDLコレステロールのほかに加齢(男性≧45歳、女性≧55歳)、高血圧、糖尿病、喫煙、冠動脈疾患の家族歴、そして低HDLコレステロール血症などがあります。 人それぞれ、もっているリスク因子は違うので、目標とする値も違います。簡単に言えば、上記のリスク因子が多いほど、よりしっかりとLDLコレステロールを下げることが必要です。


説明する医師

脂質異常症の治療

治療の選択と手順

まず、脂質異常症をきたしうるような疾患が隠れていないかの評価が大切です。ある疾患の影響で結果として脂質異常症がみられることを続発性脂質異常症といいます。対して、原因があるわけではなく生活習慣で発症するものを原発性脂質異常症といいます。続発性脂質異常症の中には、糖尿病、甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群、クッシング症候群、褐色細胞腫、原発性胆汁性肝硬変、薬剤性などがあげられます。
続発性脂質異常症では、まず原疾患の治療を行います。しかし、原因疾患の治療が困難であったり、あるいは治療後も脂質異常症が残ったりするケースもみられ、その場合は、リスクを評価の上治療を行います。
脂質異常症は一般に食事を含めた生活習慣が血清脂質値に大きく関与します。したがって、冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)の既往のない症例では、まず生活習慣の改善を行い、肥満を改善させることが大切です。喫煙は必須です。
冠動脈疾患をお持ちの方は、生活習慣の改善(食事療法、運動療法、禁煙など)とともに薬物療法を考慮します。
生活習慣の改善で血清脂質値が管理目標値に達しない場合は、薬物療法を考慮します。
高中性脂肪血症を認める場合は、生活習慣の改善が治療の中心であり、薬物治療を行う場合にも生活習慣の改善が必須です。食事療法においては、アルコール、脂肪、果糖・ショ糖の摂取制限、肥満是正のためのエネルギー制限を行います。脂肪に関して飽和脂肪酸を減らし、n-3系多価不飽和脂肪酸の摂取を増やします。運動も高中性脂肪血症、低HDL-C血症の改善には有効です。


説明する医師

食事療法について

食事療法の効果

エネルギー摂取量を減らすと、体脂肪(内臓及び皮下)量が減少し、インスリンの効きがよくなります。(これをインスリン抵抗性の改善といいます)
牛・豚・鶏などの肉や動物性脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸およびコレステロールの摂取を増やすと、LDL-Cが上昇します。
食物繊維や植物ステロールの摂取量を増やすとLDL-Cが低下します。これは、コレステロールの吸収が阻害されるためです。
脂質、炭水化物を制限すると中性脂肪の合成が抑制されます。
青魚に多く含まれるn-3系多価不飽和脂肪酸の摂取を増やすと、中性脂肪の合成が抑制されます。
飲酒する方は、アルコールの摂取を制限すると中性脂肪の合成が抑制されます。
1食あたりの脂質摂取量を減らすと、食後高脂血症が改善します。


食事療法

基本となる食事療法

適正体重の維持と栄養素配分のバランス

  • エネルギー:標準体重と日常生活活動量をもとに、総摂取エネルギー量を見直しましょう。肥満を解消するためには、一日エネルギー摂取量(kcal)=標準体重(kg)×25-30(kcal)が理想ですが、まずは現状から一日250kcalを減らすところから始めましょう。適正なエネルギー制限は、中性脂肪を低下させます。
  • たんぱく質:総摂取エネルギーの15-20%程度にしましょう。飽和脂肪酸やコレステロールの摂取が増えないよう、肉類に偏らないように、魚や大豆製品の摂取を増やしましょう。
  • 脂質:総摂取エネルギーの20-25%程度にしましょう。飽和脂肪酸(下図上)の多い食品は取りすぎないようにしましょう。n-3系多価不飽和脂肪酸(下図下)の摂取を増やしましょう。
  • 炭水化物:総摂取エネルギーの50-60%程度にしましょう。
  • アルコール:摂取量を25g/日以下にしましょう。中性脂肪が高い方は特に注意しましょう。
  • 食物繊維:25g/日以上取るように心がけましょう。食物繊維の増加は腸管での脂肪吸収を抑制します。とくに水溶性食物繊維(ペクチン、マンナン、豆類)の摂取はLDL-C低下作用があります。
  • 抗酸化食品:動脈壁へのコレステロールの沈着予防のためにLDL-Cの酸化抑制が必要であり、抗酸化物質であるビタミンC、ビタミンE、B6、B12、葉酸、β-カロテンを積極的に摂取しましょう。また、赤ワインに含まれるポリフェノール、茶に含まれるカテキン、大豆・大豆製品に含まれるイソフラボンなどにも同様の効果があります。

健康診断

献立・調理のポイント

  • 脂身の多い肉やロース、霜降り肉、レバーなどの臓物は避け、赤身肉を使用する。
  • 肉を使う場合は、茹でる、蒸す、フライパンで焼くよりも網焼きにするなど、脂質を減らすことのできる調理法とする。
  • 調理用の油は植物油を使いましょう。ただし、パーム油やヤシ油は飽和脂肪酸が多いので注意しましょう。
  • 食物繊維を多く摂取するために、野菜類は生だけでなく、おひたし、煮物などを取り入れましょう。
  • バター、ラード、ココナッツ油は飽和脂肪酸が多いため、摂取に注意しましょう。
  • 穀物では、白米よりも玄米、胚芽精米、雑穀類、また白パンよりも全粒穀パンなどのほうが、食物繊維が多く含まれていて推奨されます。

医師

脂質異常症の運動療法

運動療法の効果

  • 運動不足で持久的体力が低下した方ほど、また日常の身体活動量の低い人ほど動脈硬化性疾患、がんを含むあらゆる疾患による死亡率が高いことが分かっています。
  • 運動不足は低HDL-C血症、高中性脂肪血症、内臓脂肪型肥満、耐糖能異常・糖尿病、高血圧、血管内皮機能障害などを引き起こし、いわゆるメタボリックシンドロームの主要な原因となります。
  • 持久的体力を高め、維持することは、動脈硬化性疾患発症の予防・治療のための根本的な手段となります。
  • 運動は免疫力や骨密度を高めます。
  • 運動は日常生活動作能力(ADL)、社会的活動、生活満足度などのQOLを改善する効果があります。
  • 運動はうつを改善し、脳機能を高めます。

体操

運動療法の実際

種類

  • 大腿筋や大殿筋などの大きな筋肉をダイナミックに動かす有酸素運動が効果的です。平地早歩き、水中運動、サイクリング、ラジオ体操、ベンチステップ(20cm高)運動、歩くような速さのジョギング(スロージョギング)などがお勧めです。
  • ウェートトレーニングや腕立て伏せなどの筋力を高める抵抗性運動は有酸素運動と併用できますが、過度の血圧上昇を招かないために息をつめないように通常の呼吸をしながら行うようにしましょう。ベンチステップ運動は筋力トレーニングも兼ねているのでお勧めです。
  • ゴルフなどの競技性が高く、緊張したり興奮しやすい種目は十分に注意して行いましょう。

運動強度

  • 散歩程度の軽度の運動でも頻回に行えば肥満の予防、治療効果が期待できます。
  • 持久的体力を高め、肥満の予防・治療効果を得るためには最大酸素摂取量の50%強度の運動が適しているといわれています。50%強度の運動は運動中の血圧の上昇も軽度で心臓への負担も軽く、血中の乳酸の蓄積もほとんど認められません。
  • 50%強度の運動とは①心拍数(脈拍/分)=138-年齢/2程度、または②自覚症状で(楽である)~(ややきつい)程度が目安です。

エアロバイク

運動量(運動時間と頻度)

  • 1日30分以上の運動を毎日続けることが望ましいです。短時間の運動を数回に分けて行ってもよいです。
  • 最低週3回以上、合計で180分以上を目標としましょう。

実施上のすすめ方

運動療法実施時の注意点

  • 元気であると感じる時にだけ運動するようにしましょう。
  • 発熱・不眠などの体調不良、平常時の心拍数より20泊/分以上高い場合などはその日の運動は中止しましょう。
  • 運動は食直後はさけ、食前または食後2時間以降に行いましょう。
  • 座りがちな生活を送っている方は、運動に関連した心事故の発生リスクが高いため、運動を開始する前に、徐々に身体活動レベルを上げるように心がけましょう。
  • 重篤な心疾患(急性冠症候群、重症心不全、重度の大動脈弁疾患)、急性心膜・心筋炎、重症不整脈、コントロールの極端に悪い糖尿(空腹時血糖250mg/dl以上または尿中ケトン体中等度以上陽性)や高血圧、眼底出血を合併した糖尿病性増殖性網膜症、尿毒症または透析療法導入直前の高度な腎不全、急性感染症、高度の糖尿病性自律神経障害、糖尿病性壊疽などは運動は控えましょう。骨関節疾患がある方は整形外科医に相談しましょう。
  • 運動開始と終了5分前はウォーミングアップとクーリングダウンを行いましょう。
  • 冠動脈疾患のある方は心事故が多発する早朝の運動はさけましょう。
  • 気候に合わせて、適宜運動量は調整しましょう。
  • 暑い日は十分に水分を摂取するよう心がけましょう。
  • 気温の低い季節は服装に気を付け、準備運動は室内で行いましょう。
  • 猛暑、厳冬期は外での運動は控えましょう。室内でできるベンチステップ運動はお勧めです。
  • 運動が過度にならないように注意しましょう。

説明する医師

メディカルチェック

  • 運動開始時と3か月に1回は循環器系に重点をおいた定期的なメディカルチェックを実施しましょう。
  • 冠動脈疾患患者、呼吸器疾患患者、間欠性跛行(しばらく歩行すると疼痛で歩けなくなり、休むと症状が改善すること)の患者、心疾患系疾患のリスクが高い方や高齢な方は主治医に相談し、必要に応じて運動療法開始前にトレッドミルテスト(運動しながら心電図を測定する検査)をおこない、適切な運動療法を作成してから安全に実施しましょう。

ベンチステップ運動による50%強度の目安

台高20cmで下記の昇降回数を目安とし、心拍数や自覚症状で昇降回数を調整しましょう。
   超低体力者、後期高齢者:10回/分(およそ平地通常歩行に相当)

               (台高20cmの昇降運動が不可能な場合は10cmで15回/分とします)

   低体力者、前期高齢者 :15回/分(およそ通勤時歩行に相当)

   中年         :20回/分(およそ速歩に相当)

このページを読んだ方は次のページもよく読まれています

高血圧について
糖尿病について


© きむら内科小児科クリニック. All Rights Reserved.

arrow_upward