生活習慣病について

コレステロールとは?

  1. きむら内科小児科クリニック
  2. 内科
  3. コレステロールとは?

脂質異常症とは

脂質異常症は、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が必要量以上になって、血管の壁にコレステロールがたまり、血管の内腔が狭くなってしまう疾患です。
血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすためには、過食や運動不足によって起こる肥満、ストレス、過労、喫煙、睡眠不足など生活習慣全般を見直すことが大切です。

コレステロールって?


コレステロールってなに?

そもそもコレステロールは体にとってどのような働きをしているものなのでしょうか。

 みなさんの中には「コレステロールは体に良くないもの」と思ってらっしゃる方も多いかもしれません。確かに、 コレステロールは摂りすぎると体に良くありません。 動脈硬化や脂質異常症を引き起こす原因となってしまいます。しかし、コレステロールは体内でも作られる生命維持のために必要な成分の一つでもあるのです。

コレステロールの大事な働き


細胞膜の構成成分です


細胞

人間の体は細胞からできていますが、コレステロールは細胞膜の構成成分として体中に存在しているのです。 細胞膜は、細胞内にウィルスなどの有害物質が進入してくるのを防ぎ、細胞内の物質が細胞外に出てしまうのを防ぎます。コレステロールは、強い細胞膜を作るために必要な要素なのです。 コレステロールが不足すると、細胞膜が弱まり、免疫力が低下してしまいます。

ホルモンの原料として使われます

コレステロールは性ホルモンや副腎皮質ホルモンの原料となっています。 性ホルモンは性機能に関与し、副腎皮質ホルモンは炎症抑制やたんぱく質代謝、糖質代謝に関与しています。副腎皮質ホルモンが不足すると、疲れやすくなったり、食欲が低下したりします。

胆汁酸の原料になります

胆汁酸はコレステロールから合成され、脂肪の消化・吸収に関与しています。 胆汁酸は肝臓で合成され、脂肪の分解に関与し、再び肝臓で吸収されます。 一度働いた胆汁酸は、肝臓に戻って、再び胆汁酸として働いているのです。コレステロールは繰り返し働いているので、コレステロールを多量に摂取する必要はなく、摂取しすぎると使い切れずに余ってしまいます。

このように、体にとって重要な働きをしているコレステロールは、なぜ体に悪いといわれているのでしょうか。


診察風景

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

コレステロールには、善玉コレステロール(HDLコレステロールといいます)と悪玉コレステロール(LDLコレステロールといいます)の2種類があり、これらは全く異なる働きをしています。一般的に、「悪玉コレステロールが体に悪い」というイメージがありますが、悪玉コレステロールも生命維持に必要な働きをしているのです。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違い

HDLコレステロールもLDLコレステロールも、大切な働きをしているのに、どうして「善玉」「悪玉」と対照的な呼ばれ方をしているのでしょうか。それは、コレステロールが引き起こす動脈硬化に関係しています。

善玉コレステロールとは

善玉コレステロールは、後に述べる悪玉コレステロールが全身にコレステロールを配り歩いて余ってしまった血液中の余分なコレステロールを回収して肝臓に持ち帰る働きをしています。 血液中の不要なコレステロールをお掃除してくれる働きがあり、結果的に動脈硬化を防ぐため「善玉」と呼ばれているわけです。


サラサラ血

悪玉コレステロールとは

悪玉コレステロールは、肝臓から体のすみずみにコレステロールを運ぶ働きをしています。 コレステロールが余ってしまい、血液中のコレステロール値が高いと、血管壁にコレステロールがたまってしまい、動脈硬化を引き起こします。このため「悪玉」と呼ばれているのです。

 しかし、本来悪玉コレステロールの働きも生命維持に欠かせないものです。 悪玉コレステロールが体のすみずみにコレステロールを運ばなければ、体に不調を起こしてしまうのです。 血液中のコレステロール値が正常であれば、悪玉コレステロールも問題ありません。 必ずしも「悪」ではないのです。


ドロドロ血

文責

腎臓専門医
総合内科専門医                            木村 仁志


© きむら内科小児科クリニック. All Rights Reserved.

arrow_upward