生活習慣病について

高血圧について

  1. きむら内科小児科クリニック
  2. 内科
  3. 高血圧について

高血圧といわれたあなたへ



  ↑
写真をクリックすると動画が見られます


血圧ってなに?


血圧というのは、血液が血管の壁を押す力のこと


収縮期血圧

私たちの体の中には、血液が流れています。心臓がポンプの役割を果たすことで、すみずみまではりめぐらされた血管を通り新鮮な血液が全身に送られているのです。

血圧というのは、心臓が送り出している血液が血管に加える力(圧力)のことをいいます。血圧を測ると、上・下 2つの数値が示されます。この 2つの血圧の数値は、ポンプとしての心臓の動き、つまり収縮することと拡張することに関係しています。


血圧は上と下と2種類あります



血圧をはかると、上下2つの数値で示されます。 「上」が、“収縮期血圧”。心臓が血液を送りだすために収縮したときの大動脈の内圧で、値は最高(最大)を示します。(左の図) 一方、「下」を“拡張期血圧”といいます。

心臓は全身に血液を送るポンプの役目をしているのですが、自分が収縮してしまった後は、再び収縮して血液を送るために、拡張して血液をため込まなければいけません。その間(拡張期)に心臓から送られる血液量はゼロです。

しかし、人は常に血液を全身に送らないと生きてはいけません。したがって心臓が拡張している間は、右側の図のように収縮期に血管壁が押されてそこにため込まれた血液が、血管壁が戻ろうとする力によって押されて全身に送られていきます。

この時の圧が拡張期血圧です。 血圧は、人によって差があることはもちろん、同じ人でも体調や時間帯、季節、天候などによって異なります。


高血圧の診断基準


どこからが高血圧なの?



高血圧は、正常者の血圧より高い血圧値を持続している場合をいいます。日本高血圧学会では、収縮期血圧(上の血圧)で140mmHg、拡張期血圧(下の血圧)で90mmHg以上が高血圧と定義しています。

家庭血圧というのは、文字通りみなさんが自宅で測定する血圧のことです。家庭血圧はみなさんが普段の環境でリラックスした中で測定したものなので、普段の血圧を一番よく反映しているものと考えられます。家庭血圧は診察室で測定した血圧と同等か、それ以上の臨床的価値があることが臨床研究でも示されています。

 家庭血圧のほうが低く定義されているのは、診察室だと緊張してしまって少し血圧が高めに出てしまうからです。家庭血圧では問題ないのに、病院で測ると血圧が高い方は「白衣高血圧」といいます。

文責

腎臓専門医
総合内科専門医                            木村 仁志


© きむら内科小児科クリニック. All Rights Reserved.

arrow_upward