院長ブログ

  1. きむら内科小児科クリニック
  2. 院長ブログ

11日は緑区医師会の懇親会でした

きむら内科小児科クリニック院長の木村仁志です。
当院ブログにお越しいただきありがとうございます。

三連休初日の夜、緑区医師会の懇親会がありました。
普段はあまり一緒になる機会のない近隣の先生との懇親の場で、年に2-3回ほど開催されます。
席はくじ引きで決まるのですが、
今回は重鎮の内科と皮膚科の先生の間というくじ運を引き当て(?)、昔の貴重なお話を伺うことができました。
少し二次会にも顔を出して、帰りはお世話になっている先輩と地下鉄で帰宅しました。

今年は暖冬で温かいせいか、インフルエンザもまだそれほど流行っていないようですが、
例年1-2月に流行のピークを迎えます。
みなさん外出時はマスク、手洗いうがいをしてしっかり予防しましょう。


新年ゴロゴロした結果・・・


改めまして、新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

きむら内科小児科クリニック院長の木村仁志です。
当院ブログにお越しいただきありがとうございます。

今年の正月は、妻の実家でのんびりでした。
といっても2泊ですが。

さて、4日の仕事始め。
いつものズボンを履こうとして愕然としました。








明らかにキツくなってました。








ヤバい。これはヤバい。








なぜなんだ。











年末年始の自分の行動を振り返ってみることにします。










・・・・










心当たりがありすぎて、
なんも言えねえ。















押忍、今日からジム通い再開します!











こんなやつですが、今年もよろしくお願いいたします。


2019年ご挨拶

きむら内科小児科クリニック院長の木村仁志です。
当院ブログにお越しいただきありがとうございます。

当院は28日に今年の診療を終えることができました。
当院にかかわるすべての方に心から感謝を申し上げます。
また、今年もたくさんの患者さんに来ていただき本当にありがとうございました。
来年も少しでも多くの方に当院の医療を提供できるように精進してまいりたいと思います。

今年一年本当にお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。


街の本屋さん・・・

きむら内科小児科クリニック院長の木村仁志です。
当クリニックブログにお越しいただきありがとうございます。

先日の昼休み。
その日出勤のスタッフの一人が誕生日だったので、徳重駅にあるヒルズウォークに行ったんです。
最初に言っちゃうと、「治一郎」のプリンを買いに行ったんです。
ついでなんで、1階にある本屋さんで待合室に置く雑誌でも買おうかな〜と。

それほどよく行くわけではありませんが、その本屋さんは広々としていて品揃えも良く、カフェも併設されていて結構お気に入りだったわけです。
で、店の前に行っていたら、大きな衝立に覆われていて真ん前に1枚の張り紙が。

「当店は11月26日をもちまして、閉店とさせていただきます。」



な〜〜〜〜〜〜に〜〜〜〜〜〜




ショッッッッック!!!!




また街の本屋さんがなくなってしまいました。。。




これも時代の流れなんですかねえ。




少し寂しい気持ちで、本命の「治一郎」へ。



いざ店頭に立って、目の前のショーウィンドウを眺めると、
(正確には10mくらい手前から薄々気づいてましたが、)
商品が全くないわけです。




時間はちょうどおやつの3時前。




プリンをおやつに大量買いしたのはどこの誰じゃー!!



一応ボクの見間違いかと思って、
店員さんに聞いてみることにします。





ボク
「あのこのプリンって売り切れですかね?」



店員さん心の声
(見りゃわかるだろ。)


店員さん!心の声漏れちゃってます!




あ、被害妄想のボクの心の声だった。




店員さん
「いやー売り切れなんです。」



ボク
「どうみてもそーですよね。」



ということで、





来店3分でミッションインコンプリート





もとい、目標消失





ってことで、このまま帰るのも悔しいので、
ユニクロに行って、仕事ではく黒パンツ買って帰りました。





あ、このブログ、
ユニクロの暖パンはあったかいよっていうブログですけど何か。


『「いのち」と「性」のおはなし』開催しました


週末11月29日診療後の午後に、
当院小児科医師による「いのち」と「性」のおはなしをさせていただきました。
小学校4年生のお子さんとその親御さん、近隣の小学校の養護の先生、
近隣のクリニックの小児科のドクターまできてくださいました!
そしてわたしの子供も小学校4年生なので、他のお友達に混じって真剣に話を聞いてくれました。



おはなしの中には
いのちの誕生は奇跡であること、
そんな奇跡によって生まれてきた自分の命を大切にすること、
といったお話がありました。

これを機にもう一度親子で「いのち」と「性」について考える
いいきっかけになってくれればいいなあと思っています。


エントリーリスト

© きむら内科小児科クリニック. All Rights Reserved.

arrow_upward