お知らせ

  1. きむら内科小児科クリニック
  2. お知らせ

インフルエンザ・溶連菌検査の見合わせのお知らせ

お知らせ



新型コロナウィルス感染拡大の影響により、
インフルエンザ検査により医師が新型コロナウィルスに感染した事例が発生しました。
これに伴い、日本医師会からも、インフルエンザ検査をしないという選択も考慮するようにと通達が出ています。
理由は、検査をすることにより患者さんのくしゃみや咳を誘発し、
医療者が飛沫を浴びることにより感染リスクが高くなるからです。
またインフルエンザ検査をしないと診断ができないわけではないからです。
もしどうしても検査が必要な場合は、帽子、ゴーグル、ガウン、手袋、N95マスクという特殊なマスクを装着して
行うように推奨されています。

しかし、残念ながら上記装備は現在欠品しており、当院にも十分な在庫はない状況です。

そのため、苦渋の決断ですが、当面感染リスクの高い
インフルエンザ・溶連菌の検査は見合わせさせていただきます。

患者さんの症状の経過や診察所見から総合的に判断し、診断をいたします。
決して診断ができない、薬が処方できないということではありませんのでご安心ください。

ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。


当院での感染拡大防止対策について

お知らせ


新型コロナウィルス感染拡大の影響により、当院でも様々な感染拡大防止策を行なっております。

・医師や職員のマスク着用、手指のアルコール消毒
・診察時間終了後の窓を開けての換気
・加湿器による室内の加湿

これらは従来から行なっておりましたが、これに加えて、
・クルマでの診察待ちを希望される方への呼び出しベルでの対応
・待合室の雑誌・新聞の撤去
・キッズルームのおもちゃの撤去
・頻回の診察室の取っ手のアルコール消毒
・診察室や待合室の換気システムの常時作動
・ウォーターサーバー用紙コップの撤去(希望される方には受付でお渡しいたします)


など、できうる限りの対策を行なっております。

37.5度以上の発熱のある患者様や、
咳症状があってもマスクをされていない患者様におかれましても
本来であれば、マスクをお渡しすべきではありますが、
在庫不足ということもあり、
おクルマでの待機をお願いする場合があります。


ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


クルマで診察お待ちいただけます

お知らせ


新型コロナウィルス感染拡大の影響により、できるだけ院内滞在時間を短縮するため、
自家用車で診察待ちをしていただけるようにいたしました。

ご希望の方は、来院後受付でお申し出ください。
その場で呼び出しベルをお渡しいたします。
診察の順番が2-3番前になったら、連絡いたします。
ベルが鳴りましたら、受付にベルをお持ちになり、待合室でお待ちください。
ご理解ご協力をお願い申し上げます。


Hibワクチン受付再開のお知らせ

お知らせ


出荷元の事情で、Hibワクチンの入荷が一時停止したため、受付を停止していましたが、
3月9日より入荷再開となりましたので、3月10日より接種の予約を再開させていただきます。
ご迷惑とおかけして申し訳ありませんでした。
よろしくお願いいたします。


新型コロナウィルス感染で電話相談する目安

お知らせ


厚生省から新型コロナ
ウィルスについて相談する目安が発表されました。

特に持病のない方に関しては

・風邪症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いた場合
・強い倦怠感や呼吸困難があった場合

 
 は相談しましょう。

また、

・高齢者
・糖尿病・心不全・呼吸器疾患の持病がある方、透析を受けている方、
・免疫抑制剤や抗がん剤などの投与を受けている方、
・妊娠されている方


 これらの方はからだのウィルスに対する抵抗力が低く、
感染すると重症化するリスクが高いと考えられます。
これらの方は、上に書いた症状が、2日程度続くようなら
相談するようにしましょう。


お子さんに関しては今のところ、重症化しやすいという報告はないことから、
一般の方と同じ目安での対応でいいとされています。

相談窓口に関しては、下記の帰国者・接触者相談センターを
参考にしてください。

新型コロナウィルスに関する帰国者・接触者相談センター


© きむら内科小児科クリニック. All Rights Reserved.

arrow_upward