予防接種について

日本脳炎ワクチンについて 〈不活化ワクチン〉

  1. きむら内科小児科クリニック
  2. 検査・予防接種
  3. 日本脳炎ワクチンについて 〈不活化ワクチン〉

接種時期

・第1期3回、第2期1回、すなわち小児期に計4回の定期接種が定められています。
・接種を忘れた場合、接種対象月齢範囲内であれば、気づいた時点での接種が勧められます。



第1期

 生後6ヶ月以上90ヶ月未満が対象で、2回の初回免疫と1回の追加免疫からなります。

①第1期初回免疫

 初回免疫は6〜28日まで(1〜4週間)の感覚で2回接種
 3歳が標準的な接種期間
 3歳以上は1回0.5ml、6ヶ月以上3歳未満は1回0.25mlを接種

②第1期追加免疫

 初回免疫終了後6ヶ月以上を経過した時点で1回接種
 3歳以上は1回0.5ml、6ヶ月以上3歳未満は1回0.25mlを接種

第2期

 9歳以上13歳未満が対象で、0.5mlを1回接種します。
 9歳が標準的な接種期間

もし接種せずに発症したら・・・

・日本脳炎は発熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれんなどが主症状で、致命率が15〜40%、回復しても後遺症を残すことが多く、とくに燃焼時と高齢者では予後が悪い疾患です。
・一方、不顕性感染(感染しても症状が出ないこと)も多く、脳炎を発症するのは感染者100〜1000人に1人で、無菌性髄膜炎や普通の風邪症状ですむこともあります。



ひとくちメモ

・ブタがウィルスを保有し、わが国では蚊(コガタアカイエカ)によってヒトにうつります。
・夏から秋にかけて流行し、近年最も患者発生が多いのは9月、ついで8月です。
・西南日本で患者が目立ち、ブタの日本脳炎ウィルス保有率が高い地域と合致しています。
・北海道では任意接種扱いでしたが、平成28年から定期接種となりました。
・日本脳炎ワクチンは、世界で初めてわが国で実用化されました。


© きむら内科小児科クリニック. All Rights Reserved.

arrow_upward