予防接種について

おたふくかぜ(ムンプス)ワクチンについて 〈生ワクチン〉

  1. きむら内科小児科クリニック
  2. 検査・予防接種
  3. おたふくかぜ(ムンプス)ワクチンについて 〈生ワクチン〉

接種時期

・1歳以上が接種対象です。
・1回の接種でも予防効果は認められますが、本ワクチンを定期接種する海外諸国では確実な予防のために2回接種が行われています。
・日本小児科学会は2回接種を推奨し、1回目は生後12ヶ月以上16ヶ月未満、2回目は5歳以上7歳未満が接種推奨期間です。



もし接種せずに発症したら・・・

・おたふくかぜは、”ムンプス”あるいは”流行性耳下腺炎”ともよばれ、唾液腺の腫脹と痛みが主症状で、しばしば発熱を伴います。
・耳の前にある耳下腺炎がよく知られていますが、顎の下にある顎下腺の症状が強いこともあります。
・感染しても症状を呈さない不顕性感染が20%程度あります。
・おたふくかぜにはさまざまな合併症があります。
・無菌性髄膜炎の予後は一般に良好ですが、農園は死亡や後遺症につながります。
・難聴を合併することがあり、一過性のものまで含めると頻度は数%以上とも言われます。
・日本では、約1000人に1人の頻度で難聴を合併するという調査結果もあります。
・片側性難聴が多く、不顕性感染でも難聴になることがあります。
・精巣炎や卵巣炎は、年長児や成人で高頻度に認められますが、不妊症となることはまれです。



© きむら内科小児科クリニック. All Rights Reserved.

arrow_upward