脂質異常症

脂質異常症の治療

  1. きむら内科小児科クリニック
  2. 内科
  3. 脂質異常症の治療

脂質異常症治療の基本は「食事療法」や「運動療法」による生活改善を図ることで、これ
以上動脈硬化を進行させないようにすることが重要です。
さらに続発性脂質異常症の治療では、脂質異常を引き起こす原因となっている疾患の治療
を行います。なお、原因疾患の治療が困難であったり、治療後も脂質異常症が残ったりす
るケースでは、リスクを評価しつつ治療を行います。


(図)リスク区分別管理目標値


説明する医師

1 食事療法

・ 適正体重の維持

体が必要とするエネルギー量よりも、多く摂取しないようにすることが大切です。
適正体重を維持するようにしましょう。
適正なエネルギー摂取量の目安は、患者さんの性別や身体活動レベルのほか、肥満
度・血糖コントロール・合併症なども考慮して決定します。
   なお、厚生労働省による日本人の食事摂取基準(2020年版)の中で、推定エネルギ
ー必要量は次の通り算出されています。
成人(18歳以上)の推定エネルギー必要量(kcal/日)=基礎代謝量(kcal/日
)×身体活動レベル
また、体重当たりの総エネルギー必要量は、成人の場合「約30〜40 kcal/kg 体重/日
」としています。


(図)体重あたりの推定エネルギー必要量


食事療法

肥満を解消するためには、一日エネルギー摂取量(kcal)=標準体重(kg)×25-
30(kcal)が理想ですが、まずは「一日250kcal」を減らすところから始めましょう。
適正なエネルギー制限は、中性脂肪を低下させます。

(参考)推定エネルギー必要量|厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2020 年版)P.84

・ 栄養素の摂取バランス

栄養バランスを考えて、規則正しい食生活を送るようにする心がけが大切です。
できるだけ肉類よりも魚類・大豆類などを多く摂ったり、洋食よりも和食を選んだ
りすると良いでしょう。1食あたりの脂質摂取量を抑えることにより、食後高脂血症
の改善が期待できます。


健康診断

・ たんぱく質

【目標】総摂取エネルギーの15-20%程度
飽和脂肪酸やコレステロールの摂取が増えないように、動物性肉類ばかりではなく
魚や大豆製品の摂取を増やす。


医師

・ 脂質

【目標】総摂取エネルギーの20-25%程度
肉類や即席めん・鶏皮・生クリーム・バター・菓子パン・ケーキ類など動物性脂肪
に多く含まれる飽和脂肪酸食品は、LDLコレステロールが上昇するため取りすぎな
いよう注意する。
代わりに、マグロ・イワシ・サンマなど青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエ
ン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)や、ゴマ油・グレープシードオイル・アマ
ニオイルなどの一部の植物油などに多く含まれる「n-3系多価不飽和脂肪酸」の摂
取を増やしましょう。中性脂肪の合成が抑えられます。

・ 炭水化物

【目標】総摂取エネルギーの50-60%程度
炭水化物はエネルギー源となるご飯・パン・麺類のことです。
炭水化物を制限すると、中性脂肪の合成が抑えられます。
-ご飯茶碗に軽く1杯(100g)=約160kcal
-ご飯茶碗普通盛り1杯(150g)=約250kcal
-ご飯茶碗多め1杯(180g)=約290lkcal


体操

・ コレステロール

【目標】1日300mg以下
鶏レバー・たらこ・マヨネーズ・卵・バターなどを使った料理や菓子類の摂取を減
らしましょう。

・ アルコール

摂取量を25g/日以下にしましょう。アルコールを摂取すると食欲が増
して摂取カロリーが増えます。中性脂肪が高い方は特に注意が必要です。


エアロバイク

・ 食物繊維

【目標】1日25g以上取るように心がけましょう。
緑黄色野菜や淡色野菜、海藻、きのこ類など食物繊維を多く摂取すると、腸管での
脂肪吸収を抑えます。特に水溶性食物繊維(ペクチン、マンナン、豆類)の摂取は
LDLコレステロールの低下作用があります。

・ 抗酸化食品

抗酸化物質であるビタミンC、ビタミンE、B6、B12、葉酸、β-カロテンを積極的に
摂取しましょう。野菜や果物などの抗酸化食品はLDLコレステロールの酸化を抑え
て、動脈硬化予防になります。また、赤ワインに含まれるポリフェノール、茶に含
まれるカテキン、大豆・大豆製品に含まれるイソフラボンなどにも同様の効果があ
ります。

・ 中性脂肪

中性脂肪が高い方は、糖分入りの飲み物・クッキー・アイスクリーム・お煎餅など
糖質が多い食品を控えるようにしましょう。


説明する医師

・ 献立・調理のポイント

・ 脂身の多い肉やロース、霜降り肉、レバーなどの臓物は避けて、赤身肉を使用する

・ 肉を使う場合は、フライパンで油をひいて焼くよりも「網焼き」「茹でる」「蒸す
」など、できるだけ油を使わずにできる低カロリーな調理法がおすすめです。
・ オレイン酸を含む「オリーブオイル」「キャノーラ油(菜種油)」などの植物油は
LDL(悪玉)コレステロールを下げる作用があるので、調理用として使うとよいで
しょう。ただし、ゴマ油はLDLコレステロールを下げますが、摂りすぎるとHDL(善
玉)コレステロールも下げてしまいます。また、パーム油やヤシ油も飽和脂肪酸が
多いので要注意です。
・ 生野菜だけでは、食物繊維を多く摂取することは難しいので、おひたし・温野菜・
煮物など別の調理法も取り入れましょう。
・ バター、ラード、ココナッツ油は飽和脂肪酸が多いため、摂取しすぎに注意しまし
ょう。
・ 穀物では、白米よりも玄米・胚芽精米・雑穀類がおすすめです。白いパンよりも全
粒穀パンの方が食物繊維を多く含むので、おすすめです。

2 運動療法

運動不足は低HDLコレステロール血症、高中性脂肪血症、内臓脂肪型肥満、耐糖能異
常・糖尿病、高血圧、血管内皮機能障害などを引き起こし、メタボリックシンドロー
ムの主な原因となります。さらに、持久的体力の低下している方・日常の身体活動量
が低い方ほど、がんや動脈硬化性疾患などの死亡率が高いと報告 *2 されています。

*2 (参考)多目的コホート研究(JPHC研究)」からの成果|国立研究開発法人 国立がん研究センタ

運動療法には血中脂質値に好影響を与え、中性脂肪を低下させ、HDLコレステロール
を上昇させる働きがあります。
  また、免疫力・骨密度を高めるだけでなく、うつや脳機能の改善が期待できることで
日常生活動作能力(ADL)、社会的活動、生活満足度などのQOL(生活の質)も向上
します。

日本動脈硬化学会による「動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症診療ガイド2018年版
」によると、持久力を高め、肥満予防・治療効果を得るためには、楽~ややきつく感
じる中強度(息が弾むくらい) *3 の運動が良いとしています。中強度の運動は運動中の
血圧上昇が軽度であり、血中の乳酸の蓄積もほとんど認められません。
   *3 中強度の運動:心拍数(脈拍/分)=138-(年齢/2)程度

1日30分程度・週3回以上(合計180分以上)を目標にウォーキングや自転車、スイミ
ングなどの有酸素運動を行いましょう。1回10分など短時間の運動を1日数回に分けて
行うことや、「できるだけ階段を使う」「こまめに歩く(動く)」など日常生活の中に
軽い運動を取り入れてみるのもおすすめです。

ただし、ゴルフなど競技性の高い運動は、緊張・興奮しやすく血圧が上がることがあ
るので注意が必要です。
※持病によっては運動が勧められないケースもあります。ご相談ください。

(参考)脂質異常症を改善するための運動|厚生労働省 e-ヘルスネット

なお、運動開始時および3か月に1回程度、循環器系に重点をおいたメディカルチェッ
クを実施します。必要に応じて、運動療法開始前にトレッドミルテスト(運動しなが
らの心電図検査)を実施することがあります。

おすすめの運動療法

・ 有酸素運動

太ももやお尻の筋肉をダイナミックに動かす運動。早歩き・水中歩行・サイクリ
ング・ラジオ体操・ベンチステップ・歩くぐらいの速さで走る(スロージョギン
グ)・水泳・社交ダンスなど。

【中強度のベンチステップ】
台の高さ20cmで下記の昇降回数を目安に行います。ただし、心拍数や自覚症状で
昇降回数を調整します。
-超低体力者や後期高齢者:10回/分(平地での通常歩行相当)
             15回/分(高さ10cmで行う場合)
-低体力者や前期高齢者 :15回/分(やや早歩きに相当)
-中年         :20回/分(早歩きに相当)

・ 抵抗性運動(筋肉トレーニング)

ウェートトレーニング・腕立て伏せ・ベンチステップなど。
有酸素運動と併用可ですが、やりすぎると過度の血圧上昇を招く恐れがあるため
、息を止めないよう普通に呼吸をしながら行うようにしましょう。

・ 効果的な運動療法のポイント

・ ご自身で「いつもと違う」と感じる時は、無理に運動しない

発熱や不眠などの体調不良、平常時の心拍数より20拍/分以上高い場合などは、運
動を行わないよう注意します。

・ 食後すぐの運動は避ける

食前または食後2時間経ってから、運動するようにしましょう。

・ 冠動脈疾患のある方は、心事故が多発しやすい早朝の運動は避ける

・ 座りがちな生活を送っている方は、急に激しい運動を始めない

普段、あまり動かないことが多い方は、運動をすることによる心事故の発生リスク
が高い状況にあります。いきなり運動を開始するのではなく、まずは掃除・洗車・
子供と遊ぶ・自転車で買い物に行くなど、徐々に身体活動量を上げるようにしまし
ょう。

・ 運動を始める前と終了時には、ウォーミングアップとクーリングダウンを行いまし
ょう。

・ 気候に合わせて、運動量を調整する

猛暑や厳冬期は、外での運動を控えましょう。そんな時は、室内でできるベンチス
テップ運動がおすすめです。また、気温の低い季節は服装に気を付け、準備運動は
室内で行うとよいでしょう。

・ 水分補給を意識して行う

暑い日は水分補給を忘れずに!

・ 運動療法のやりすぎに注意

高血圧や狭心症など持病がある方が急に激しい運動を行うと、命に係わることがあ
るので注意しましょう。

3 薬物療法

食事療法・運動療法など生活習慣の改善だけでは、LDLコレステロール値や中性脂肪
値が管理目標値に達しない場合や、狭心症・心筋梗塞など冠動脈疾患の持病をお持ち
の方など動脈硬化による合併症リスクが高いときは、薬物療法も併用します。

使われる薬には、「コレステロールを下げる薬」「「コレステロール値と中性脂肪値
を下げる薬剤」「中性脂肪値を下げる薬剤」の3種類があります。
患者さんの脂質異常症の病態(LDLコレステロール値が高い・中性脂肪値が高いなど
)を総合的に判断して、組み合わせて使用します。

・ コレステロール値を下げる薬

-HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン系薬剤)……第一選択薬
 肝臓でのコレステロール合成を抑制します。
メバロチン®️、プラバスタチン®️、シンバスタチン®️、アトルバスタチン®️、
ピタバスタチン®️、クレストール®️など
※高齢者や腎臓機能の低下がある方は、ふくらはぎの筋肉痛に要注意です。腹
痛など胃腸障害が起こることもあります。

-陰イオン交換樹脂製剤
コレステロールの体外排出を促進させます。
コレバイン®️など
※ひどい腹痛や便秘に注意しましょう。

-プロブコール
肝臓へのコレステロールの取り込みが促進します。
シンレスタール®️、ロレルコ®️、クラフェデン®️、フッコラート®️、プロスエード®️、
プロブコール®️、ライドラース®️、ワニール®️など
※動悸・強いめまいを感じたら、すみやかに医師にご相談ください。

-小腸コレステロール輸送体阻害剤
小腸でコレステロール吸収を阻害します。
ゼチーア®️など
※便秘、筋肉が障害を受ける「横紋筋融解症」に注意が必要。

・ コレステロールと中性脂肪(トリグリセライド)を下げる薬

-ニコチン酸類
肝臓でのコレステロール・中性脂肪の合成を抑制します。
ユベラ®️、トコフェロールニコチン酸エステル®️、ニコ®️、バナールN®️など
※ビタミンEの薬ですが、中性脂肪を下げる作用のほか、血管を広げ、血流を
よくする働きもあります。胃腸障害や顔の赤みなどの副作用が現れることもあ
る。

・ 中性脂肪(トリグリセライド)を下げる薬

-フィブラート系薬剤
中性脂肪の合成を阻害します。HDL(善玉)コレステロールを増やして、LDL(悪玉)
コレステロールを減らす働きもあります。
ベザフィブラート®️、リピディル®️など
※スタチン系製剤や抗血栓薬(ワーファリン)、糖尿病薬との併用には注意が
必要です。これらの薬を服用している場合には、必ず医師に申告してください。

-EPA製剤
青魚に含まれる脂肪酸のひとつEPAから作られ、脂質の合成を抑制・血液を固まりにくく
する作用があります。
エパデールS900®️、ロトリガ®️など
※血液凝固薬(ワーファリン)などを服用中の方は併用すると出血しやすくなるので、注意が必要です。

自己判断によって薬を中止したり、減量したりすることは危険です。
お薬の効き方や副作用など、少しでも気になる点があるときには、必ず医師またはスタ
ッフまでご相談ください。

こちらのページもご覧ください

脂質異常症とは
脂質異常症の定義・診断
脂質異常症セルフチェック
脂質異常症の原因と症状
脂質異常症の検査
脂質異常症の通院頻度と費用
よくあるご質問
院長から一言

文責

腎臓専門医
総合内科専門医                            木村 仁志


© きむら内科小児科クリニック. All Rights Reserved.

arrow_upward